女性のための薄毛治療|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

女性のための薄毛治療

手術と薬の併用が基本

男性の薄毛の原因のトップはAGA男性型脱毛症であり、
メカニズムもかなり解明されているため、
有効といえる薬もあります。
また植毛においても材料の採取として用いる後頭部の毛は
AGAを起こさない性質があり、
材料としては優れています。 これに対して女性の薄毛のトップは
びまん性脱毛症と呼ばれることもある
CTE慢性休止期脱毛症であり、 メカニズムも不明な部分が
多いため、決定的な治療法がありませんが、
やはり手術と薬の併用が基本となります。

女性のための薄毛治療画像1

副作用がほとんどないグロースファクターGF

薬の主たる目的は、毛の成長維持、休止期から
成長期への転換です。 この目的にあったものは、
成長因子グロースファクターGFでしょう。
(ミノキシジルも最終的には
成長因子による効果との研究があります)
成長因子グロースファクターGFは週のうち
3日以上は行うことが効果的です。
また、副作用というものがほとんどありません。

自宅でも、塗っただけでは不十分で、
やはりエレクトロポレーションによる導入が必要です。
ただ、もうほとんど瘢痕化したような
毛穴から発毛すると言うことはやはりなく、
そのような部分は植毛を行っていくことになります。

女性のための薄毛治療画像2

男性と同じ手術法を行うことが必ずしも正解ではありません

女性の植毛においても、
採取には一般に後頭部が使われます。
もちろんAGAの場合と異なり、 CTEを起こしうるのですが、
それでも他の部分に比べると脱毛には
多少なりとも強いようです。 この比較的強い部分から、
慎重にさらに強い毛を持つグラフトを選択して
採取しなくてはいけません。 そういう意味では
ストリップテクニックは適していません。

また、移植においても
侵襲の少ない移植孔をあける必要があります。
これは既存毛に対する配慮というよりも、
その侵襲が新たなストレス新たな脱毛につながらないように
するためです。
また使用するグラフトや移植のデザインにおいても、
男性よりさらなる審美性を必要とします。

このようなことを、熟知し熟練した医者が、
慎重に行ってはじめて、 女性における植毛での
満足度を上げることができるのです。
男性と同じ感覚で手術を行えば多くは
満足の得られない結果となりかねません。

女性のための薄毛治療画像3
どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る