前頭部の薄毛|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

前頭部の薄毛

  • スライド画像1
  • スライド画像2
  • スライド画像3

前頭部の薄毛を治療した場合

治療方法 スタンダードi-SAFE
グラフト 1,000グラフト
費用 ¥1,165,000
体験者の声

生え際がもうおでこの上の方にまできてしまい、かつらにしようかどうしようか迷った時期がありました。
様々な増毛法があるのは分かっていますが、そもそもおでこからいわゆる前頭部に及ぶまで髪の毛が薄くなってしまっていたので自分の髪の毛に直接結びつける増毛法なんて無理。そもそもその髪の毛が抜けてしまったら元も子もないですから。
結局かつらを選んでしまったのですが、定期的にメンテナンスも必要ですし、やはり夏場は相当蒸れるので着け心地感が相当悪いですし、痒くもなります。これでは長続きはしないだろうということで植毛を決断。一番のメリットは自分の髪の毛だという事。これにつきます。
前頭部まで薄くハゲてしまっていたのでボリューム感を出すにために自毛植毛する際のグラフ数は1,500以上は必要とカウンセリング時に院長先生から説明がありました。

そうなると費用は植毛する際の手法により金額は変わるのですが、150万円からということでした。
冷静に考えてみればこれから何十年もかつらで過ごす中での精神的負担やメンテナンスの費用を考えたら決して高い金額ではありません。
かつらを使っていたから身に染みて分かるのですが、かつらでは絶対に味わえなかった自分の髪の毛がしっかり地肌から生えている当たり前の日常に戻れたことにとても感謝しています。
院長先生はじめ、看護師の皆様や受付の方含め皆様にもとても丁寧で、また当日は私の緊張をほぐすさりげないながらもお声掛け頂きありがとうございました。

ドクターコメント

カツラをご利用になっている方の多くは「カツラはいつかは外したい」と希望されていますが、自毛植毛で移植出来る数には「資源(ドナー部に髪)」の関係で、当然限界があり、作り物であるカツラと同様のボリュームにするのは難しいケースもあります。移植した毛は生えて来ますが、かと言って急にカツラを外すと、周囲も違和感を覚える事でしょう。
しかし、植毛で自毛を増やすとともに、今お使いのカツラを徐々に「減毛」していくことで、移植した毛が増えた頃には違和感が少なくカツラから離脱することも可能です。

当院は、医療用のカツラを専門としたチームとの連携も有り、今お使いのカツラ(どのメーカーのタイプでも対応出来ます)を減毛加工したり、また安価で作り直したりすることも可能となっておりますので、「周りに気づかれることなくカツラから脱却」したいという方も安心してお受け頂けます。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る