前頭部から頭頂部の薄毛|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

前頭部から頭頂部の薄毛

  • スライド画像1
  • スライド画像2
  • スライド画像3

前頭部から頭頂部の薄毛を治療した場合

治療方法 アンシェーブンi-SAFE
グラフト 1,500グラフト
費用 ¥2,735,000
体験者の声

おでこ全体の生え際が後退し、しかも頭頂部まで薄く、私の見た目の印象はとても老けて見えるようで、元々おでこが広いところにさらに生え際まで後退してしまったので、そう見られてももう仕方ないと諦めていた自分がいました。
自毛植毛という手法は前々からもちろん知っていましたし気にはなっていましたが、どうもメスを使うということに自分自身抵抗があり、踏ん切りできず。
ところがメスを今は使わなくてもできるということと、更には刈り上げることすらもせずに済むという自毛植毛があるとホームページで知ったことが一つの転機でしたね。そうなると考え方は変わるもので30代前半の独身ということもあり、今の自分を変えられるのではという私の中で熱いものがメラメラと燃えてきました(笑)

実際カウンセリングでは様々なケースを交え、費用含め説明していただき、自分の場合はこのくらいのボリューム感になるというイメージを持てたのはとても自信になりましたね。
どのような器機を使うのかはそれは先生がやることなので知識として入れるだけ。それよりも植毛した後におでこや生え際がどう変わって、頭頂部がどの程度フサフサになるのか。私のこれまでも印象がどうなるのか。そこが本当に重要でしたし、費用についてはこれまで洋服などファッションにそれほど自己投資してこなかった分、正直なところあまり気にしませんでした。
それよりも生え際部分をできる限りの自然さを出すために先生が追求する技術や考え方を知ったことで「この先生にすべてを任せよう」と 決断したことを今でも憶えています。

ドクターコメント

以前は私もメスを使ったストリップメソッド(FUSS)を行っていましたが、採取したグラフトのクオリティをもっと向上させたいことと、何より「術後の痛みなど」の患者さんの肉体的・精神的負担を軽減したいという理由から、「切らない手術」i-SAFE法、そして「採取部を刈り上げない」アンシェーブン法を考案し、多くの患者さんを治療してきました。
今では、日本国内の多くの植毛クリニックで、私が広めた「切らない手術」が行われていますが、どうも「早い」「高密度」を謳っていることが多くても、肝心の「仕上がり」がないがしろにされてるように見受けられます。

「早い」ことは採取し、移植する株の品質を下げてしまい、「度を過ぎた高密度」は移植部に盛り上がりなどの傷を作ってしまうリスクが有るだけでなく、必要以上に後頭部などのドナーを使ってしまい、将来また植毛を希望された際に、材料が足りなくなるだけでなく、後ろがスカスカだったり、まばらになったりと、問題点も多々あります。

大切なのは患者さんの将来を見越した移植プラン、デザインに基づいた治療だと考えています。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る