自毛植毛とは?|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

自毛植毛とは?

画像1

自分自身の毛髪を移植して薄くなった部分に髪の毛を再生させる…
薄毛を根本的に治療する効果的かつ先進医療技術のことです。
どんなに髪の毛が薄くなってもしっかり残っているのが
側頭部や後頭部の毛髪です。

この側頭部や後頭部の毛髪は、脱毛の原因とされている
男性ホルモンの影響を受けにくい性質を持っているからです。
そのしっかりとした強い側頭部や後頭部の毛髪を、
髪の毛を作る毛母細胞ごと採取して薄くなった部分に移植、
髪の毛を再生させ薄毛を改善する外科手術が自毛植毛なのです。

どうして移植した髪の毛が生え続けるの?

画像2

自毛植毛では、毛母細胞や毛乳頭など髪の毛を作り出すために
必要不可欠なシステムごと
後頭部からグラフト(移植毛)として採取し移植します。
後頭部から移植された髪の毛はAGA(男性型脱毛症)の影響を
受けない性質を引き継いだまま生着します。
この移植されたグラフトが生着すると毛周期に従って
髪の毛が作り出され成長し抜け、また作り出され成長するといった
通常の毛髪の再生サイクルを繰り返していきます。
自毛植毛で移植される後頭部や側頭部の毛髪は、
移植・生着後もその性質を比較的維持していくので、
脱毛の要因とされる男性ホルモンの影響を受けにくい
性状をそのまま引き継ぎ、
抜けにくい強い毛髪として生涯生え続けるというわけです。

薄毛の治療法として自毛植毛が選ばれている理由

  治療の推奨度 治療内容
A 強く勧められる
  • -ミノシジル外用
    (男性5%、女性1%)
  • フィナステリド内服
    (男性)
B 勧められる -自毛植毛
C1 考慮してもよいが、
十分な根拠がない
-塩化カルプロニウムの
外用医薬部外品・化粧品
の育毛剤の外用(t-フラ
バノン、アデノシン他)
C2 根拠がないので勧められない -医薬部外品・化粧品の
育毛剤の外用
(セファランチン)
科学的根拠のある効果的な治療法

自毛植毛手術は2010年に発表された
日本皮膚科学会のAGA(男性型脱毛症)診療ガイドで、
フィナステリドやミノキシジルといった
医薬品の推奨度Aランクに次いで
推奨度Bランク(行うよう勧められる)という
薄毛の治療法として評価されている
科学的根拠のある外科手術です。

医薬品などの効果には個人差があり
効果が出なかったということがありますが、
自毛植毛は移植された移植毛の生着率は95%以上と高く、
移植してしまえばどんな方でも高い確率で
髪の毛が生え薄毛の改善が可能になります。また、
自毛植毛は自分の髪の毛つまり自分自身の
細胞を移植するので、人工毛による植毛法と異なり
〈拒絶反応〉を起こすことがないので、
炎症のような皮膚トラブルを引き起こすこともありません。

手術は日帰りで終了

手術は入院する必要がありませんから、手術が終わればそのまま帰宅できます。
また、基本的に定期検査も必要ありません。

自然な仕上がり

移植された髪の毛は半永久的に生え続け経年により白髪にもなっていきますから、
違和感も無く周りから気づかれることもないくらいに自然な仕上がりです。
また、カラーリングやパーマなどヘアスタイルも
自由に楽しむことができるのも自分の髪の毛だからできることといえます。

メンテナンスやランニングコストが必要ない

自毛植毛は一度移植、生着すればカツラや増毛などのような
面倒なメンテナンスは必要ありません。
メンテナンスがあるとすれば髪の毛が伸びてくるので
ヘアサロンや美容室へ行くだけです。
それと維持するためのラニングコストも一切かかりません。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る