男性 / 生え際から頭頂部 / 2,800グラフト 植毛の症例 術後6ヶ月経過経過写真・費用|自毛植毛アスク井上クリニック東京

  • LINE
  • アスク井上クリニック東京Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 東京医院の専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング東京医院 簡単予約
東京医院お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

症例の術後6ヶ月経過詳細

男性 / 生え際から頭頂部 / 2,800グラフト

手術前

術後6ヶ月経過

症例写真術前37
症例写真術後37
症例写真術前38
症例写真術後38
疾患名男性型脱毛症、慢性休止期脱毛症
問診(対応)内容:カウンセリング時の内容大分進行しているが、ドナーの量から考慮し、あまり生え際を下げずに高い位置に生え際のラインを設定した。また、コメカミ部分が極端に薄いことからコメカミへの移植も実施。
移植本数(グラフト数)2,800株(グラフト)
施術の解説生え際から前頭部にかけて1,200株移植、左右のコメカミ部分に500株、頭頂部に1,100株を移植 合計2,800株を移植
施術の費用2,145,000円(税抜)
施術の治療期間・回数平成28年1月6日手術 移植回数1回
主なリスクと副作用について術後のショックロスならびにごく希に採取部にも円形脱毛状の一時的脱落が起こる可能性がある。また、移植毛は若干クセ毛になる。移植部に知覚鈍磨が起こる等々
施術後の写真の経過月術後6ヶ月経過
当院補足説明悩みをずっと抱えていて薄毛に対してかなりナーバスになっているとおっしゃっていました。色々と情報収集していく中で当院の井上院長にたどり着いたとのこと。

患者様からたくさん数やらないといけないので費用がどうしてもかさむが、後ろの採取するところを少しでも数多く獲りたいので丸刈りで良いと決断していただきました。またニコラスケイジの写真をご持参され、「このようになりたいけど無理ですか?」と質問されたことがともて印象的でした。井上院長は「大丈夫、問題ないですよ。」と答えた一幕もありました。

まず考えたのは、おでこを下げ過ぎてしまうと費用も掛かる、材料(採取する髪の毛)にも限りがある。無理に下げ過ぎないように。とは言えおでこのヨコも広いという状態。井上院長はすかさず「こめかみを作った方が良いですよ。」とアドバイス。さらに「限られた材料を考慮すると、こめかみを下げるだけでも見た印象でおでこが狭く感じます。ただおでこを下げるだけが術ではないですよ。」と提案。さらに追い打ちをかけるがごとく「それでニコラスケイジ以上に良くなるよ。」と。

少し話が前後しますが、遠方の方なので最初は写真診断から始めました。ご自分でも何枚も写真をとり、自分でこうしたいとラインを書いて送っていただきました。それを見て井上院長が回答をしていました。

井上院長のこだわりとしてはデザインの中で下げ過ぎないこと。気持ちとしてはご本人はおでこを下げたい要望がありましたが、無理に多く採取して植えるという提案ではなく、デザインでいかにおでこを狭く見せるかで十分不安は解消できると納得の提案で快諾いただきました。

術後はおでこのコンプレックスはもちろんつむじもまでも自然体で元通りに。とてもご満足いただいている患者様です。
どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る