タグ別アーカイブ: 生え際

あえて切断するという技術(スプリット) その2

他院での手術で生え際が不自然な為に修正する手術をよく行います。不自然のというのは大きく分けて三つ

① デザインそのものがおかしい(やけに丸かったり、意味もなくギザギザ、あるいは一直線、解剖学的な生え際の下縁を超えている、または離れ小島など、世界にはこれがわかっている植毛医は数人しかいないんじゃないかと思うほど酷い、わかってなくても控えめなら問題ないことも多いが、生え際を下げたりすると、この知識とセンスによる違いが出てしまう)
② 密度が低い(平気で30株/㎠以下を世界標準という)
③ 移植毛のサイズが場所に合ってない(とにかく太くて、さらには3本毛とか、それほど酷くなくても「生え際は一本毛」などともっともらしい観察力のない医者ばかり)

②は間に詰めて行けばいいわけですが、①と③では抜いてしまうしかないこともあります。抜くと言っても、ただ抜いては無駄にすることになるので、抜いたものを移植株としてつかうことが前提です。ここでは0.6~0.7mmφの極細パンチを用いて採取します。まったくそのサイズに収まらないほど大きいものが移植されていることがあり、その場合もしデザイン的には問題なければ、たとえば3本毛なら2本毛として採取して、1本を残します。もちろんあまりにデザイン的に問題なら全て抜くこともありますが、傷跡のことを考えると1本残したほうが良いことも多い。ここでも私のこのスプリット採取法が役に立ちます。

ネイプヘアは使えるか 2 — 追)高密度移植の材料として

高密度移植(80株/cm²)が可能な方は、皮脂が少なく、傷の治りに問題がなく、皮膚が健康な状態であることは必要条件です。これがないと、この高密度 移植、ニードルやマイクロスリットを使ってもリッジという盛り上がった傷跡を作りやすく、これが生着不良の原因ともなり、反ってスカスカになることがあり ます。このようなリスクの説明と条件が整ったときに、そして希望があったときに行いますが、そこで使う材料こそネイプヘアです。これをトリミング、場合によっては更に株分けして、とてもスキニーな株をつくり、これを針穴に入れていきます。ただし、現在ネイプヘアや体毛をほぼ損傷なく採取できるのはi-SAFEのみかもしれません。

Ashampoo_Snap_2016.05.19_17h48m13s_0202_
生え際丸く、額を狭く、M字こめかみ部分がネイプヘア
中央は、おもに通常の1本毛

 

ネイプヘアは使えるか

ネイプヘアとは首筋 うなじ の髪です。毛周期は短くそのため、長さが短く、太さも細い傾向にありますが、通常の後頭部の髪と変りなくAGAの影響も受けず継続的に毛周期を繰り返します。つまり、植毛に問題ない毛です。それどころか、その短く、細いという性質を考えると、生え際の植毛や眉毛の植毛には、多くのアドバンテージを持っているとさえ言えます。 採取は、通常のFUEやロボットではかなり難しく、i-SAFEだからこそ可能と考えられる方法なのです(もちろんストリップテクニックでは現実的ではない)。

実際、生え際の自然さを謳うクリニックでも、結局は1本毛を使う程度ですが、自然さなら、ネイプヘアのような産毛に近い毛を使うことです。
ちなみに当院の眉毛の移植では、ネイプヘアを選択的に取りたいため、原則アンシェーブンで行っていますので直後もあまり目立ちません。

 

nape and periauricular (NPA) hair

おでこをせまく

大きく分けると次の2つになります。

1,男性的な生え際

2,女性的な丸いおでこ

いずれにせよ、おでこを狭くは、とても慎重に行う必要があります。特にそのデザインと密度です。

デザインでよく見かけるのは、意味もなくギザギザにしたものですが、一直線はおかしいので、自然に見せたいという気持ちはわかります、しかしそういう生え際は本来なく、この時点で変だなと感じてしまいます(マルコと呼んでいる)。

Ashampoo_Snap_2016.02.28_14h27m03s_007_(写真)Ashampoo_Snap_2016.03.04_15h07m07s_021_(写真)

2においては、さらに、そのデザインの重要性は高まります。ただ、丸くしただけでは、先ほどのギザギザや一直線と同じで、異様な感じがしてしまいます。

Ashampoo_Snap_2016.02.28_14h27m38s_008_(写真)

前頭部にある筋肉の構成にしたがって、科学的・解剖学的根拠のもと、デザインされるべきです。また、使う株のタイプ別の分配もまた、デザインの1つとなります。最前列は、ただ単に1本毛を植えるのではなく(これは良く勘違いされて手術されていて、太い1本毛でも、女性の生え際には不自然です)、産毛に近い細い毛髪を選び、その奥では1本毛を中心とした普通の太さのもの、さらに奥では2本毛を中心にと分配してしていく必要があります。生え際に大きいサイズの株を用いて、移植株数わりにボリュームのある手術をみかけることはが多いですが、これは、言い換えると、ボリュームのわりに地肌がすけており、それ以前に見かけが極めて不自然です。これは可能な限り避けるべきことです。

(女性)Ashampoo_Snap_2016.03.05_14h22m46s_022_(男性)(前後当院写真)

実際ここまで用心しても、本来の女性の生え際を実現できるわけではないですが、その神のなせる域に一歩でも近づきたいという気持ちが、植毛医には必要です。

ついで、重要となるのは、密度です。もちろん元と同じ密度が最も理想ですが、いくつか問題があります。その一番は、傷跡です。移植に必要な穴ですが、通常のスリットやマイクロホールでは、ダメージは大きく、本来「点」で治るべき傷が、あまりに高密度で植えると、単に生着率が低下するというだけでなく、周囲への影響が重なり合って「面」として治り、傷跡(リッジと呼んでいる)として見えてしまうことがあります。したがって、まず考えるべきは、最初の穴の大きさとそのエッジです。当院が使用しているものは、マイクロスリットまたはニードルですが、これはかなり小さくここに毛を入れることそのものが高度の技術と時間を必要とします。下手に行えば、生着不良の結果となることもあるため、どこでもすぐに手を出せる方法ではないので、当院の最大の売りともなっています。では、どこまでならいいのかは、個人差があるため一概には言えませんが、おでこの場合は、40~50株/平方センチメートル程度は安全なことが多く、逆にこれを下回ると、スカスカで、1回での満足は得にくいでしょう。