月別アーカイブ: 2018年5月

切断率低減のアイデアと応用

FUE(Follicular Unit Extraction切らない採取法)で問題となることの一つに、採取時の切断率の高さがある。SS(Strip Surgery切る採取法)では、株の作成を直視下またはマンティス顕微鏡下で行うため、切断率は5%程度に収まっているのに対して、FUEでは見えない毛根を、表面の毛幹の角度等をみて予測し採取するため、その切断率は20%近くにおよぶと言われている。様々な対策が考案されているが、どれも大きな改善は得られていない。

私の考案したi-SAFE(Inoue`s Suction Assisted Follicular Extraction)では、①吸引を使う②特別に切れるパンチを使う③専用に設計された機械を使うことにより、浅い刃入れ(3mm程度)でも採取が可能となり、切断率を1%以下にすることに成功している。

この技術により、採取に用いるパンチのサイズを0.83~0.65mmにすることができ、株の生命力を低減するトリミングを省くことが可能となる。また今までは1本毛を使用したいときには株分けが必要であったが、2~4本毛から1本だけを採集するという独自のスプリット採取を可能にしている。さらに今までは困難と考えれていたネイプヘア(うなじの毛)の採取も可能となり、以前は生え際最前列は1本毛と考えられていた部分に、ネイプヘアを使うことでより自然な生え際を実現できるようになってきた。

FUEのもう一つの問題点であったメガセッションのためには広範囲に剃毛が必要となる部分に関しても、この技術により、その切断率に全く影響しないで、剃毛無しで広範囲から採取できるようになった。現在当院では3割の方がこのアンシェーブンを受けている。

今回は主として採取時についてであるが、また生着率に直接影響を与える株の生命力を左右する要因は、採取時だけでなく、移植部作成と移植時にも関係する。これらについての改善の私の取り組みについては、後日