月別アーカイブ: 2015年2月

成長因子はどうやって作る

また成長因子話題ですが。

ヒト皮膚幹細胞培養液やヒト繊維芽細胞培養液には様々な成長因子や酵素、SOD、コラーゲンやケラチン等の細胞外マトリックス成分が豊富に含まれており、これより、より目的に合うように精製していきます。

しかし純粋にヒト成長因子(FGF-7、VEGFなど)を作ろうとすれば、大腸菌をもちい遺伝子工学的に作らせることになりますが、成長ホルモンやエリスロポイエチン同様、比較的高価です。

この二つの方法って、光脱毛での、レーザー方式とフラッシュライト方式に似てますね。フラッシュライト方式では、様々な波長の光から目的に合った光をフィルタリングすることが大切ですが、培養液からつくる成長因子でも同じことがいえます。

08-5_4

挿絵はhttp://www.anti-ageing.co.jp/より

PRP(多血小板血漿注入療法(Platelet Rich Plasma))もまた、血小板が放出する様々な成長因子GFを利用した方法といえます。PRPはワンショットで使用するものであり、継続的使用が出来ないため創傷治癒や移植片の生着などの急性期には有効であるかもしれません。ただ、成長因子を選べてないところが気にはなりますね。

AAPEもヒト脂肪細胞由来幹細胞を培養して得られる種々の成長因子を含むタンパク質。(これを使ってるのがHARGです、多種の成長因子が含まれることを売りの一つにしていますが、それは望まない効果の成長因子を含むかもしれず、また逆に望むものの量が少ないとも言える、またこれを月に1~2回局所注射して謳ってる効果が出るとは考えにくいです。)

フィブラストスプレー  主成分トラフェルミンは遺伝子組み換えで作成されるヒトbFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)製剤、創傷(火傷、褥瘡等)治癒促進の目的で使用されています。さすがに遺伝子工学的に作られている医薬品ですので高価です。費用対効果はどうでしょうか。

生え際を自然に

生え際のラインを決定するときに、多くの医者は、「だいたいこんな感じ」というかなりアバウトな方法で決定しているのではないでしょうか。仮に何らかの決め方があっても、それが理にかなっているものであると思えたことはありません。ラインをジグザグにしたり、スネークトレイル(ヘビが通った跡)などともっともらしいことを言っても、その科学的根拠について答えられる人はいません。
多くの科学的事象を説明するときに使われるのは、合目的的に考えるという手法です。この生え際もまた、この手法で説明できます。詳細は省きますが、顔面の表情筋群、帽状腱膜をもとに、なぜ部位によって毛が長くなったり短くなったりする必要があったのか、さらにはどうしてAGAが起こるのかと考えるところから、そのラインが見えてきます。決して絵を描くように作るのではなく、科学的根拠を持って作るからこそ、自然なラインが得られるのです。

34e34475-s

FUE植毛ロボット

iSAFEのデメリットは?、多少手間がかかることと長時間の集中力を必要とすることくらいです。ここは出来るだけ器械をロボット化したいところですが、いまの段階ではロボット(たとえばARTAS(by Restoration Robotics Inc)など)の処理能力は全く人の作業に精度や速度で追いついていない状態ですし、切断を減らすためにパンチのサイズに大きさを必要とするため、その傷跡はやや目立つもので、最大でとれる数も少なく、取れたものをさらに手作業でトリミングしてグラフト化する必要があるなど(もちろん、アンシェーブンのような高度なこともできません)、まだ、客寄せパンダ・おもちゃのレベル、早く使えるロボット化を期待してはいますが、もう暫くは人の処理能力で頑張るしかないようです。

artas

比較内容
ARTAS
iSAFE
グラフトの精度と質 パンチサイズが大きすぎて、人手でのトリミングが必要であり、マイクロパンチではない従来のパンチ法とかわらない質、パンチのサイズを小さくしようとすると、演算予測が不十分になり、切断率が高くなる。すなわち演算に用いるパラメータの数が少なすぎる。 パンチのサイズはFUの大きさに合わせ、取れたものが必要十分で最小であり、そのままグラフトとして使用可能、これは、パンチを挿入するときに角度だけでなく伝わる微妙な感触までコントロールされるためである。
採取速度 パラメータも不十分だが、それでも画像処理・演算に時間がかかり、1時間で500株が限界。 取れやすさに左右されるが、1時間で1000~1800株と圧倒的に速い。
患者様が感じる負担 ドナー部は緊張をかける必要があり、その器具の負担があり、座位で動きも制限され、固定されている感がある。 時間も短いが、比較的楽な体位で、ほぼ眠った状態で受けられる。
施術後の傷 従前のFUEと同じくパンチのサイズが大きく、虫食い痕が目立つ。 φ0.65~0.85mmというマイクロパンチを使用しているため、虫食い痕は目立ちにくい。
安全性 人が器械を使うというより、器械任せな部分が多く、安全センサーにより緊急停止するとはいえ、不安が残る。 すべての器械の動きは施術者の管理下にある。
メリット・デメリット 採取だけは機械任せなため差が出ないが、トリミングとインプラントは従前の方法とかわらず手作業なため、この部分で技術差が出てしまう。また、あまり大きい移植には使えない。 手作業はあまりなく、ほとんどの過程で器械を使用してはいますが、それでも、長時間の集中力を必要とし、使いこなしによる施術者およびアシスタントの技術差が多少なりとも存在する。
時間はかかるが、4000グラフト(1万本)ほどまでは可能。

なぜグロースファクター成長因子

長年、手術と薬の併用治療を推薦して参りましたが、その理由は、薬だけでは、一時的に良いようでも、満足いく状態を維持できない、かといって、手術にも限界はあるとのことからです。単独療法に比べたら満足度の高いものです。しかし、この薬が問題です、長期連用することになるのですが、なかなか効果を維持できないだけでなく、副作用の問題が浮かび上がってくるということです。それはあまり問題にならないものが大半ですが、少なからず存在しています。そして、中にはイリバーシブルなことも

私は、主としてアンチエージング(抗老化)、あるいは男女の更年期障害治療、ボディービルなどの目的で、ホルモン補充療法を行っていたことがあります。この時使用するホルモンのうちでも、成長ホルモンは、使用していると、確かに髪の毛の質量増加があります(つまり、抜けずに太くなる)。これは、直接的にはメッセンジャーである種々の成長因子GFが関与していることは間違いないことです。このホルモン補充療法は、糖尿病インスリンの注射のようにご自身でほぼ毎日注射が必要なこと、費用がとても掛かること、さらには、副作用を含めた投与量の管理が大変であるため(また、ドーピングにも引っ掛かります)、薄毛治療の目的のためには現実的ではないでしょう。
バイオ技術が進歩して、比較的容易に成長因子GFを精製できるようになりました。注射ではなく低侵襲で毎日でも出来る方法も確立されてきましたため、だからこそ、従来の薬に代わるものとしていま成長因子グロースファクターなのです。すなわち、手術とグロースファクタ-(時として従来の薬)の併用療法こそが、現在最も効果的で安全性の高い薄毛治療といえます

cycle

究極の自毛植毛 アンシェーブンi-SAFE

ほんの10年前は、自毛植毛といえば、切ったり、または大きなパンチでくり抜いたりそして縫ったりと、あまりスマートとはいえない、侵襲も大きく、ちょっと大変な手術が普通で、私も10年以上その方法でやっていました。それに対してFUEに分類される方法は、シンプルで侵襲も少なく、患者さんにとってずいぶん楽な手術であり、様々なアイデアの元、さらに洗練されて、現在では世界的にも主流となりつつあります。

しかしFUEでの患者さんにとっての新たな問題は、採取部分を大きく刈り上げる必要があることです。隠すためのアイデアはいくつかありますが、求められることは、刈らないままで採取をしてということです。そして、これこそ、究極の自毛植毛として、グローバルスタンダードになるべきものと考えています。そして、当院でも患者さんの特別申し出がない場合は、アンシェーブンで行けるようになれたらと計画しています。

Ashampoo_Snap_2015.02.21_10h10m53s_0012_Ashampoo_Snap_2015.02.21_10h10m53s_0022_