菲薄化したきずあと・やけどあとへの植毛

今まで菲薄化した瘢痕、火傷跡の植毛は移植床の無さにより、なかなか満足な結果を出せませんでした。植皮となれば大がかりですし、かといって脂肪注入程度では、これまた、まだまだな感じです。

protocollo2_0

最近、リジェネラ(hbw®)という器械が日本に入ってきて、その考え方は真皮部分、つまり細胞外マトリックスと繊維芽細胞の塊を粉砕して、(場合によっては脂肪組織由来幹細胞も)注射で打ち込むというものです。いわば、自家真皮粉砕植皮です。閉じた空間への植皮ですので、生着も良く、組織再生もスムーズではないのかと想像します。
本当に、そのような結果を出すことができれば、移植床の再生が期待でき、すなわち菲薄化した瘢痕でも、満足度の高い植毛が可能になるのではと期待しています。
まだ結果を出しての話ではないのですが、諦めていた方も、一度ご相談下さい。

 

 

投稿者プロフィール

井上 浩一
井上 浩一アスク井上クリニック 院長
経歴
1988年 熊本大学医学部卒業
熊本大学医学部付属病院 勤務
1989年 某大手美容整形外科クリニック 本院勤務
1998年 都内美容外科クリニック 院長就任
2002年 米国での自毛植毛研修を経て、植毛クリニック開院
2006年 某大手植毛クリニック 院長就任
2014年 アスク井上クリニック 開院

自毛植毛の症例はこちら