取りあえず薬で何とかしたい

薄毛に気がついたら、ほとんどの方が考えることは、「取りあえず薬で何とかしたい」です。でも本当にそれは正しい選択なのでしょうか。AGAにおける5aRI(プロペシアなど)の内服は確かに特効薬ではありますが、単なるサプリとは違います。毎日飲んで何年も大丈夫なのでしょうか。男性ホルモンの作用を抑えたり、やる気に関係する脳内ホルモン量を抑えたりするわけですから、不可逆的がどうかは、おいておいても、長期連用は避けたいものです。他の内服薬においても同様です。また、副作用はあるのに、効果が充分でないことも多く、それは年月が経つほどその傾向にあります

私の選択肢は、
1、期間や容量を限定してそのような薬を使う

2,効果が少ないが副作用のないもの使う

3,副作用もなく、効果もあるが、ちょっと大変かもしれない手術を受ける

1については、休薬期間を作ったり、薬を割って使ったりするわけです。2については外用とくに成長因子です。その他にもロゲインやパントスティンなどがありますが、多少は副作用もある。3に関しては、現在は昔のように大変な、そして怖い切ったりする手術ではなくなってきており、さらに、当院が行っているように細かい作業で既存毛へのダメージがすくない手術なら、充分初期からでも選択肢として考えるレベルにあります。初期だからこそ、既存毛をできるだけ残せ、傷跡を最小にできる手術法を選ぶことは必須です。どこのクリニックでも同じ結果ではありません。

_2016.03.04_11h54m29s_016_(写真)

投稿者プロフィール

井上 浩一
井上 浩一アスク井上クリニック 院長
経歴
1988年 熊本大学医学部卒業
熊本大学医学部付属病院 勤務
1989年 某大手美容整形外科クリニック 本院勤務
1998年 都内美容外科クリニック 院長就任
2002年 米国での自毛植毛研修を経て、植毛クリニック開院
2006年 某大手植毛クリニック 院長就任
2014年 アスク井上クリニック 開院