あえて切断するという技術(スプリット)

実際移植するものは、毛一本づつではなく、毛包単位が基準となりますが、3本毛、4本毛の毛包単位をあえて縦割りに2本毛の様に採取することがあります。これにより採取株の生着率が落ちるかといえば、正確な縦割りさえできていれば(ここが一番重要)、ほとんど低下はしないようです。これによるメリットの第一は、採取部位に残した方の毛も生えてきて、採取痕を隠してくれることです。デメリットは一回り小さいパンチを使用するために難度が相当高くなりそのため多少手間がかかることぐらいです。

ちなみに、この縦割りに適しているのは、Two-canals-unitつまり一つの毛包単位なのに毛穴が二つ並んであるようなものです。

 

split extracting