薄毛の悩みについて

以下のようなご相談が寄せられました。

薄毛に悩み…

私は地方住みの30代独身男性です。最近特に髪の毛が減るスピードが早くなってきているような気がして、怖くなってきました。初めて薄毛に気付いたのは小学生の頃です。普通の人に比べたら少し早いかもしれません。特に自分としては気にしていたわけではないのですが、髪の毛が少し細いかなと思っていました。今思うとおでこもほかの人よりも若干広かったと思います。

ただ当時は私自身運動神経が良い方でリレーでもアンカーでした。小学生というのは見た目でいじめを受けたりするものですが、私は薄毛でも自分の運動神経もあり、髪のことでいじめられるということはありませんでした。同様に中学でも薄毛を大きく気にすることはありませんでした。ただ、中学から自分の体の中にある変化が起きていることが分かりました。

身長が伸びないのです。

これは別に私が多くの人に比べて著しく低身長だというわけではありません。日本人の平均身長より10数センチばかり低いかなという感じです。ただ、自分は小学生時代は背は一番高かったので、いつの間にか前から数えるほうが早くなった自分自身の成長鈍化に驚きを隠しきれませんでした。

高校生にあがるとより違和感は増しました。

背が小さいだけでなく、運動神経でも皆に劣るようになったのです。これも明らかにスタミナがなくなったという実感は特にないのですが、周りの皆が息をきらしていないのに、自分だけ妙に疲れているということがありました。そして高校生といえば思春期です。このころから自分の髪の毛が気になりだしました。いくらなんでも細すぎるのではないかと。自分では明らかに気にしていたのですが、周囲に特に指摘されなかったため考えすぎかな。程度に思っていました。思春期というのは自分が成長する時期であると同時に、他者との明確な違い、才能などにも気づく時期です。私はこのころ、髪の毛を長髪に伸ばしたハードロックスターにあこがれていたのですが、なぜか自分には無理ではないかと考えるようになりました。将来自分は髪の毛で悩み続ける。そんな予感がしたのです。

ストレス過多

私は高校を卒業後は大学にいかず、働き始めました。小さいころからのあこがれだった大工になったところまではよかったのですが、この職業選択は自分にとっては間違いでした。そう気づくのはずいぶん後になってからでした。

まず、朝がとても早い。そして上下関係が異常に厳しい。どちらかといえば温室育ちの自分はこの2つの苦行に耐え切れず大きな挫折を味わいました。大工の仕事は数年続けました。この判断もよくありませんでした。向いていない仕事を長期間続けると体がどうなるかということにまで考えが至らなかったのです。

つまり端的に説明すると、私の体はストレスとそれによる偏った食生活で悲鳴を上げていました。気が付くと抜け毛の量が増えてきていることにも気づきました。

私は今のままの毛量を維持したい。これ以上自分の髪の毛が意図せずたくさん湯船に浮かんでいる様を見るのが耐え切れません。

私におすすめの治療法がありましたら教えて頂ければ幸いです。

自毛植毛はいかがでしょうか

なかなか辛い思いをしてきましたね。幼年期の薄毛についてはお話を聞くだけではよく分からず、ここで申し上げることはできませんが、ストレスは薄毛の原因になります。薄毛を疑うとそれが気になりストレスがたまる。さらに薄毛が進行するというループとなります。まずは医院に起こし頂き、カウンセリングを受けることをおすすめします。

そして対策の一つとして自毛植毛をおすすめします。自分の髪の毛が何度でも生え変わるという感動を再び味わうことができます。ただし、患者様の状態を診察しないことには確定的なことはここでは言えないので、ぜひ一度ご連絡ください。

投稿者プロフィール

植毛アスク井上クリニック 東京新宿院
植毛アスク井上クリニック 東京新宿院
・ドクターについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です