薄毛は自己流で治るのか

薄毛が目立ってきた。誰にもばれずに治す方法はないのか―。これは薄毛症状が出た方全ての人が真っ先に考えることです。薄毛は恥ずかしい。だからさっさと治療してしまいたい。どんな手段を使っても。ということで、専門家から見てもとても効果があるとは思えない怪しげな民間療法に手を出す人もいます。

これらは薄毛に関する知識が乏しいがために起こる悲劇です。薄毛に真摯に向き合い、その性質をしっかりと理解すれば、効果が全くない治療に余計なお金を使わなくて済むのです。

ここでは薄毛というものは自分自身の力で改善できるものなのか。ということを中心に説明させて頂きます。

薄毛の原因とは

薄毛の原因として多くを占めるのがAGA(男性型脱毛症)です。これはヘアサイクルが男性ホルモンの影響により乱されるという脱毛症なのです。

じつはAGAはかなり遺伝しやすく、家族にAGAの人がいた場合なりやすい可能性があります。そして 食生活や生活習慣もじつは髪の毛に大きな影響を与えます。つまりは栄養バランスが偏った食事ばかりしていると、十分に髪の毛の生成に必要な栄養が摂取できないのです。それから飲酒や喫煙は血管を収縮させます。なんと頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼすのです。頭皮環境の悪化ももちろん薄毛を進行させる原因となります。そしてパーマ液や紫外線は頭皮に大きな負担をかけます。要注意点として、頭皮に合わないシャンプーの使用も頭皮環境を悪化させる原因なのです。

AGAはジヒドロテストステロンが毛母細胞に特に悪影響を及ぼすことが原因と言われています。そしてストレスも薄毛の原因になりえます。自律神経やホルモンバランスが乱れることで、血行不良になります。髪に栄養が行き渡らなくなります。不眠、食欲不振、ストレスによる間接的な影響が髪の毛の成長を妨げる場合もあるのです。もちろん個人の体質も関係しています。甲状腺の病気や糖尿病など、病気の前兆として薄毛になることもあります。

生活習慣の見直しの効果

ストレスが薄毛の原因となりうることもあります。血液の循環が悪いと薄毛になりやすいからです。まず注意が必要なのが過度なストレスです。ストレスが過大になると、血の巡りに影響を及ぼします。その結果血行不良となり、薄毛になるのです。

そして大事なのが睡眠。髪の成長には睡眠中に分泌される成長ホルモンがかなり大事な役割を担っています。毎日必ず6時間以上は眠るようにしましょう。良質な睡眠を取ることが心身の状態を良好に保つのにとても良いのです。

有酸素運動も血行促進におすすめです。ランニング、スイミング、サイクリングを定期的に行いましょう。運動不足は言うまでもなく薄毛によくありません。

食事について

髪の毛ももともとはタンパク質やビタミンなどをもとに成長していきます。つまりこれらの栄養素が不足していると髪の毛が細くなったりなど、薄毛につながるということです。

ただ、では髪にいいい成分だけを食べるようにすればいいのかというと、それも間違いです。栄養というのはバランスよく摂取しなければ体への吸収などが妨げられ、狙っている効果を得られなくなります。

そのため、最初は栄養素にこだわらず、バランスのよい健康的な食事を心がけるとよいでしょう。ただここで注意です。脂質の多い食べ物の摂りすぎには特に気を付けるようにしてください。毛穴の詰まりの原因になります。

 

まとめ

薄毛は個人の体質に原因がある場合もあるので、必ずしも生活習慣や食生活を改善したからといって、効果が出るとは限りません。これらの取り組みに効果がなかったら、自毛植毛を検討しても良いと思います。

前髪などに自分の髪を移植すると、また何度でも生え変わる、自分の力強い髪の成長が見られます。

 

 

 

投稿者プロフィール

植毛アスク井上クリニック 東京新宿院
植毛アスク井上クリニック 東京新宿院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です