自毛植毛とカツラでお悩みの方へ

薄毛を隠したい。カツラか自毛植毛か。

どのように対処するかは人それぞれです。カツラ、自毛植毛、はたまたそのまま放置。ジェルで髪を固めるなどその場しのぎの対策に躍起になる方も大勢います。

薄毛状態を自覚すると人の目が気になります。ほとんどの方がそうなので、特別おかしいことではありません。

しかしその場しのぎの薄毛対策では根本的な解決となりません。毎日薄毛を気にして生きるという、過度のストレスを感じる生活にもなってしまいます。長期的な薄毛対策に用いられるカツラと自毛植毛について詳しく見ていきたいと思います。

 

自毛植毛とは

自毛植毛とは髪が薄くなった頭部に自分自身の髪の毛を移植し、薄毛を根本的に治療する医療技術のことです。髪の毛が薄くなっても残っているのが側頭部や後頭部の髪の毛。この部分の髪を薄くなった頭頂部などに移植する施術です。

 

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛は自分の髪を移植するため副作用がありません。根本的なところから改善できるためこの手術を選択する人が増えています。

自毛植毛のメリットは自分の髪を後頭部や側頭部から採取して移植するので拒絶反応がなく確実に髪の毛が増やせるところにあります。髪の毛が定着した後はメンテナンスの必要もありません。自由自在なヘアスタイルを楽しむことができます。

デメリットは、保険適用外の費用設定と1回の手術で治せる範囲に限りがあることです。ポリエステルなどで作った人工毛を頭皮に埋め込む「人工毛植毛」もありますが、異物を頭皮に埋め込むことになるので拒絶反応がおきる可能性があります。

 

カツラとは?

カツラとは頭部に被せる人毛もしくは人工的な髪のことを言います。

薄毛を隠すだけでなく、俳優や女優が別人になりきるときにも使われます。簡易的なものはディスカウントショップやホームセンターでも手に入るので広く世の中に普及しているといえます。

カツラのメリット

薄毛を隠すことにおいて手軽な方法だといえます。費用さえ気にしなければ完全オーダーメードで作る事も可能。髪質はもちろん、頭との境目も自然な状態に近づけることができます。

フィットすると私生活が充実します。薄毛のコンプレックスを過度に気にする必要がなくなります。自分に対して自信が持てるようになり、心理的不安が軽減されるのです。精神医学の見地からも大変重要なことで卑屈になるとそれだけで物事がうまくいかなかったり、様々な病気を誘引したりということがあります。

カツラのデメリット

なんといっても維持費がかかります。カツラは安値から高値までありその種類も多種多様。薄毛を隠すために使うカツラはスペアとセットで50~60万円かかり、非常に高価です。これを2、3年か長くても4、5年で買い替える必要があります。

カツラが風で飛ばされることもあります。このようにカツラは薄毛を隠し通すことには適していないと言えます。いつどの瞬間でカツラがずれるか予測できないためです。カツラの最大のデメリットだともいえます。

永遠にバレなければカツラは有効な選択肢と言えます。しかしそれは難しいようです。何よりカツラだと知られたときの心理的ダメージは想像を絶するものがあります。女性だけではなく、男性にとってもカツラのイメージはあまり良くありません。

多くの人が薄毛対策にカツラではなく、自毛植毛を選ぶ理由もここにあります。

カツラのメンテナンス

カツラは専用のシャンプーがあるので、洗髪時は取り外して洗います。自然な見た目を維持するためにも、定期的な散髪が必要となります。

カツラで隠している部分以外の地毛は当然伸びるため、自然な見た目を維持するには常に気を配る必要があります。

まとめ

自毛植毛は自分の髪を後頭部や側頭部から採取して移植するので拒絶反応がなく、確実に髪の毛が増やせます。しかしカツラは気軽に始められる反面、一度使い始めるとなかなかやめられないという大きなデメリットもあります。

両方のメリット・デメリットをしっかり考え、自分にあった薄毛対策を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です