月別アーカイブ: 2020年9月

頭頂部の自毛植毛の難易度

頭頂部の自毛植毛は難しい。そんな話を聞いたことはありますか。今回はこの疑問についてお答えいたします。頭頂部と生え際ではどこがどのように技術的に違うのでしょうか。そしてその理由はいったい何故なのでしょうか。皆様から疑問の声が多く寄せられましたので、この疑問に答えていけたらと思っております。

 

頭頂部植毛について

頭頂部の植毛は、ショックロス予防、術式、医師の技術で仕上がりに大きな差が生じるときもあります。

M字などに比べると頭頂部は面積が広い部位です。効果を実感するためには多くのの髪を移植する必要があるのです。

元の毛が傷む、時間経過で生命力が悪化すると生着率がかなり下がります。短時間で大量の植毛を行う必要があるということです。 また頭頂部は毛髪の見え方により、髪が濃い、または薄くも見える部位です。

植毛は時間との勝負。患者それぞれの個性に合わせ、瞬間的に正しく判断し作業する技術力が必要です。医師により技術の差が出やすいといえます。

M字の正面や側面は、サイドの髪を垂らすと、濃く見せることも可能。けれども頭頂部は、毛髪の薄い部分などを隠しにくく、ボリュームを出すのが難しいです。

個人差もあります。大方つむじ周辺の髪は放射状になっており、複雑な毛の流れになっています。ヘアデザインを考えての作業のため、時間もかかるのです。 

頭頂部の植毛を行う医院の選び方

頭頂部の植毛は、ドクターの技術力等が結果を左右します。クリニックの選び方を説明します。

頭頂部の自毛植毛経験のあるスタッフがいるか

クリニックによってはスタッフ自身が自毛植毛手術を受けます。同じ悩みを共有できたり、貴重な体験談を聞く事ができます。
お電話で問い合わせることで分かります。「植毛経験のあるスタッフはいますか」と気軽に聞いてみましょう。ちなみにアスク井上クリニックでは、2名のスタッフが実際に植毛経験者です。

技術力について

植毛は、手術時間が結果に関係します。採取する毛の細胞を新鮮なうちに移植できるかがキーとなります。施術後の発毛にも大きく関係します。頭頂部に多くの髪をきちんと植毛できるかの技術力も必須なのです。

デザイン力について

頭頂部は特に、髪の毛ののボリュームを出すことが難しい部位といえます。髪の毛の流れも複雑なのでただ移植するだけでは密度不足に陥りがちなのです。

患者個人の頭皮の状況や毛質、毛流れなどを理解し、ボリューム感をきちんと演出できるデザイン力が必要です。 これについては電話等で問い合わせても分かるものではないのです。

植毛経験者から話しを聞くのが一番良いのですが、身近にはいない場合が多いです。

その際はクリニックのHPにある症例ページをチェックしてみましょう。自分の症状と似た患者様の写真を見つけます。そこにどのような手術を行ったか書いてあり、良心的な医院であれば術後1年後の経過写真も載せています。腕利きの医院の症例はやはりかなり詳しく書かれています。

 

まとめ

頭頂部の手術ですが、毎日手術をしているような植毛専門のクリニックであれば、数もこなしているのでそれほど心配する必要はないです。 頭頂部の植毛は言われるように確かに難しいですが、それは前頭部などに比べればということです。

つまりこのことをきちんと理解し、患者に真摯に向き合っているクリニックを選ぶべきです。植毛クリニックの医師であれば、頭頂部の植毛の難易度が高いことはわかっているので、そのことを事前に患者さまに話し、ともに治療計画を練っていくと思います。

患者さまの意見を医師の方がきちんと聞いてくれるかどうか。この点が病院選びにおいて大切なことです。

薄毛の原因について

薄毛改善のベストなチョイスは自毛植毛なのですが、「髪が薄くなってきた…」と自覚し始めた薄毛の初期状態の場合、改善策はどのようなものがあるのでしょうか。薄毛改善の方法は手術だけではないのです。

薄毛の原因について

薄毛の原因として多いのが、AGA(男性型脱毛症) AGAは男性ホルモンの影響から、ヘアサイクルが乱れる、そのことにより引き起こされる脱毛症です。ジヒドロテストステロンが毛母細胞に悪い影響を及ぼすことが原因と言われています。女性のホルモンバランスの乱れによる薄毛は、「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。 ストレスも薄毛の原因となります。 過度なストレスにより自律神経やホルモンバランスが乱れるとどうなるのか。血行不良で髪に十分に栄養が行き渡らなくなります。不眠、食欲の不振、ストレスの間接的な影響が髪の育成を妨げることもあるのです。 AGAですが体質や遺伝も無関係ではないのです。 AGAは遺伝しやすいと言われています。AGAの人が家族にいた場合は薄毛になりやすい体質といえます。  

薄毛について

鏡などを見て自分が薄毛状態にあると知ったとき、合動揺するケースがほとんどです。しかしながら自分が薄毛状態にあると自覚できた分だけ良しと思いましょう。深刻な薄毛状態にあるのにそれを放置し自分は薄毛ではないと思いこみ、症状を悪化させてしまう人もいます。 20代で薄毛が進んでしまう事は特に珍しいことではありません。女性の方でも薄毛に悩む人がかなり多く見られます。ストレスや生活習慣の乱れから薄毛になる人もいます。生活習慣の改善で薄毛が改善される可能性があります。  

薬の服用

男性用の薄毛の治療薬として代表的なものはフィナステリド系とデュタステリド系。抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があります。

女性用の薄毛の治療薬としては「パントガール」が代表的。女性の薄毛症状に多いびまん性脱毛症に効果があるとされます。

薄毛の改善には、発毛剤や育毛剤を使用する方法もあり多くの種類があります。しかしながら医学的に発毛効果が認められているのは実はごく一部だけ。きちんと医師の診断の元使用しなければ副作用などでとりかえしのつかない可能性があるということを念頭においてほしいと思います。

 

生活習慣について

栄養バランスが偏った食生活をしていると、髪の毛の生成に必要な栄養を、とることができません。生活習慣や食生活も当然髪の毛に大きな影響を与えます。飲酒や喫煙は血管を収縮させるので、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼします。

頭皮環境の悪化も薄毛を進行させる原因になります。さらに自分に合わないシャンプーの使用も頭皮環境を悪化させる原因となります。またパーマ液やブリーチ剤、紫外線は頭皮の大きな負担になるのです。 甲状腺の病気や糖尿病などの前兆として薄毛になることもあるのです。

 

 

まとめ

必ずしも手術を受けなくても薄毛は改善できるということがお分かりになって頂けたと思います。

特に生活習慣が不規則なことを自覚されている方はすぐに食生活や睡眠をみなをしてみて下さい。髪の成長には、睡眠中に分泌される成長ホルモンが大切です。

適度に運動する、ストレスをため込まないなど、生活習慣改善も薄毛改善には大事なのです。 薬の服用も素人が思いこみで選ぶよりも、医師の助言があった方が安心です。自分一人で症状を決めつけ、間違って薬を選んではいけません。

少しでも薄毛の兆候がみられたら自毛植毛や薄毛治療を行っている医師に相談しましょう。

生活習慣の改善で変化が見られない、という段階になってから自毛植毛を考えても遅くはないでしょう。

自毛植毛手術を終えた後の仕事復帰について

一般的には手術は長期の入院が必要なケースを想像するものです。自毛植毛の施術はどうなのでしょうか。 自毛植毛手術を受ける方で最も多い年齢層ですが30~50代の働き盛りの方。手術から職場復帰まで、どれくらいの期間が空くものか、短期間での職場復帰は可能なのかという点についてお話します。

手術法により異なる

植毛手術後に復帰できる時期というのは一律に申し上げることができないのです。術式により回復期間、体への負担などが異なるためです。ここでは一般的な例を挙げます。 植毛の手術を2つに分けると、頭皮を大きく切り取るFUT法とメスを使わないFUE法の2つがメジャーです。 「FUT法」は一度に広範囲に植毛できるというメリットがありますが、頭皮を大きく切り取るので出血も伴います。術後からしばらくは仰向けに寝るのも難しく、かなりの痛みがあります。

FUE法はパンチという専用の器具で、毛根ごと髪を採取、植え付けます。出血は多少しますが、痛みの度合いは軽減されると言えます。 FUT法であれば早期の職場復帰は難しいでしょう

職種によっても変わる

FUE法であれば、手術翌日に職場復帰が可能なのです。条件はあります。肉体労働など体を動かす職業に勤めている人は1週間程安静にしたほうが良いです。術後経過に支障をきたす可能性などがあるからです。 デスクワークの人であれば激しい動きをすることはないと思いますので、手術翌日から職場で働く事ができるでしょう。

手術後に避けるべきこと

術後の過ごし方によって生着率も大きく変わります。術後は植えた毛髪をしっかりと定着させることが大事です。植毛手術を検討している方は以下をご一読ください。FUE法で施術したとみなします。

患部への強い刺激

かさぶたは治りかけのときにかゆみを発症します。手術後最も辛い期間です。頭をかきたい気持ちをこらえて我慢して下さい。かさぶたがきちんと取れるまは、患部をかいたり、かさぶたがはがれるような行為は控えなければなりません。 睡眠のとき、無意識にかいてしまう人もいます。かいてしまわないよう対処することが大事です。

激しい運動を控える

術後すぐの激しい運動は厳禁です。閉じかけた傷口が開く可能性があります。バスケ、サッカーなどのスポーツは1、2週間、軽いジョギングなども3-4日は休んだ方が良いでしょう。

 

飲酒・喫煙

飲酒は手術の前日から翌日まで禁止です。たばこは手術前の2、3週間前からの禁煙をお願いします。 アルコールは血行を促進する作用があるので、術後に出血量が増え、腫れがひどくなるときがあります。 タバコの成分ニコチンは血管収縮作用があるので、血流を悪くし毛細血管から毛根の方に栄養が行き渡らなくなります。生着率の低下にもつながるのです。

職場復帰の目安

肉体労働の人は1週間ほどの休養の後、患部への刺激のある行為を避けましょう。ヘルメットを使う人はタオルを巻き、汗で蒸れる事態を防いで下さい。

営業の方は小さいかさぶたが目立つことについて気になるかもしれませんが、全てのかさぶたが取れるまでには10日~1週間程度かかります。ニット帽を被るという方法が最も良い方法です。もちろんかつらも使用可です。

 

具体的に例を出し挙げてみました。施術はFUE法なら早くて翌日、遅く見積もっても1週間前後で、職場復帰できます。しかし傷の治り具合、体調回復には個人差がございますので、おおよその目安としてとらえてください。実際に気になる方は植毛クリニックの医師に直接相談することがベストです。

こちらについても医師の方が真摯に相談にのり、答えてくれると思います。まずはお電話でご相談してみましょう。