月別アーカイブ: 2018年10月

毛髪に関係のある『毛』が付く四字熟語

毛髪に関係のある『毛』が付く四字熟語

毛髪に関係のある『毛』が付く四字熟語を調べてみました
※五十音順に並んでいます。

四字熟語 読み方

毛骨悚然 もうこつしょうぜん

毛髪悚然(もうはつしょうぜん)

読み方 もうこつしょうぜん
意味 激しい恐怖を感じて震え上がること。
「悚然」は恐怖で立ち竦むこと。
髪の毛から骨の中まで恐怖を感じるという意味から。
類義語

紅毛碧眼 こうもうへきがん

読み方 こうもうへきがん
意味 西洋人のこと。
「紅毛」は赤い髪の毛。
「碧眼」はあおみどり色の目のこと。
江戸時代にはスペイン人やポルトガル人のことを南蛮人と呼び、オランダ人を紅毛人と分けて呼んでいたが、のちに西洋人全般をさすようになった言葉。
類義語 紫髯緑眼(しぜんりょくがん)
碧眼紅毛(へきがんこうもう)

吹毛求疵 すいもうきゅうし

読み方 すいもうきゅうし
意味 強引に人の欠点を探すこと。または、人の欠点をなじることで、逆に自身の欠点を暴かれること。
「吹毛」は毛を吹くこと、「求疵」は傷を探すことで、わざわざ毛を吹き分けて、隠れている傷を探し出すという意味から。
「毛を吹いて疵を求む」とも読む。

泰山鴻毛 たいざんこうもう

読み方 たいざんこうもう
意味 重さの差が激しいことのたとえ。
「泰山」は中国の山の名前で非常に重いもののたとえ。
「鴻毛」は鴻の羽毛のことで非常に軽いもののたとえ。
主に死の意義の有無についていう言葉。
死刑宣告された友人に司馬遷が送った手紙の一説、「死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽し」を略した言葉。
「太山鴻毛」とも書く。

太山鴻毛 たいざんこうもう

読み方 たいざんこうもう
意味 重さの差が激しいことのたとえ。
「泰山」は中国の山の名前で非常に重いもののたとえ。
「鴻毛」は鴻の羽毛のことで非常に軽いもののたとえ。
主に死の意義の有無についていう言葉。
死刑宣告された友人に司馬遷が送った手紙の一説、「死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽し」を略した言葉。
「太山鴻毛」とも書く。

一毛不抜 いちもうふばつ

読み方 いちもうふばつ
意味 極めてけちなこと。
または、利己的な人、けちな人。
「一毛」は一本の毛のこと。
自分のものは一本の毛すら惜しんで抜かないということから。
「一毛も抜かず」とも読む。

碧眼紅毛 へきがんこうもう

読み方 へきがんこうもう
意味 西洋人のこと。
「碧眼」はあおみどり色の目。
「紅毛」は赤い髪の毛のこと
江戸時代にはスペイン人やポルトガル人のことを南蛮人、オランダ人を紅毛人と分けて呼んでいたが、のちに西洋人全般をさすようになった。

亀毛兎角 きもうとかく

読み方 きもうとかく
意味 この世界に存在するはずのないもののこと。
亀の甲羅に毛が生えて、兎の頭に角が生えるという意味から。
元は戦争がおこる前触れのことを言った言葉。

九牛一毛 きゅうぎゅうのいちもう

読み方 きゅうぎゅうのいちもう
意味 たくさんある中のほんの少しの部分。
または、どうでもいい、些細なこと。
「九」は数が多いことのたとえ。
多くの牛がいる中の一頭の牛の毛の一本ということから。

属毛離裏 ぞくもうりり

読み方 ぞくもうりり
意味 親子のつながりが深いこと。
「属」と「離」はどちらも連なるという意味。
「毛」は体の外側にあるという意味から、陽の存在を言い表す言葉で、父親のたとえ。
「裏」は母胎という意味から、母親のたとえ。
父親を手本にし、母親に育てられて成長することをいう言葉。

兎角亀毛 とかくきもう

読み方 とかくきもう
意味 この世界に存在するはずのないもののこと。
兎の頭に角が生えていて、亀の甲羅に生えているという意味から。
元は戦争がおこる前触れのことを言った言葉。

馬痩毛長 ばそうもうちょう

読み方 ばそうもうちょう
意味 貧しいと生きるだけで手一杯で、気力がなくなるということ。
馬が栄養を取ることができずに痩せて、毛だけが長くなるということから。
「馬痩せて毛長し」とも読む。

不毛之地 ふもうのち

読み方 ふもうのち
意味 作物が育たない、ひどく痩せた土地。
または、見るべきよい結果や、発見が何もないこと。
「毛」は地面から生える草木や穀物のこと。

毫毛斧柯 ごうもうふか

読み方 ごうもうふか
意味 災いは大きくならないうちに取り除くべきだという教え。
「毫毛」は極めて細い毛。
「斧柯」は斧の柄。
木が毛のように細いうちに取り除かなければ、いずれ斧を使わなければいけないほどに大きくなるということから。

毛挙細故 もうきょさいこ

読み方 もうきょさいこ
意味 非常に小さな事柄をわざわざ取り上げること。
「毛挙」は毛の先のように小さな事柄をわざわざ論じ合うこと。
「細故」は小さく些細な事柄。
「細故を毛挙す」とも読む。

以毛相馬 いもうそうば

読み方 いもうそうば
意味 外見で人を判断することはできないということ。
馬の毛の色ですぐれた馬を見分けようとするという意味から。
「毛を以て馬を相す」とも読む。

毛髪に関係のある『髪』が付く四字熟語

毛髪に関係のある『髪』が付く四字熟語

毛髪に関係のある『髪』が付く四字熟語を調べてみました
※五十音順に並んでいます。

四字熟語 読み方

握髪吐哺 あくはつとほ

読み方 あくはつとほ
意味 熱心にすぐれた人材を探し求めることのたとえ。
「握髪」は髪を握る、「吐哺」は食べ物を吐き出すという意味。
春秋時代、周公旦は食事中でも食べ物を吐き出し、入浴中でも濡れた髪を握って、面接を求める人にはすぐに面会して、すぐれた人材の登用に努めた故事から。

一髪千鈞 いっぱつせんきん

読み方 いっぱつせんきん
意味 この上なく危険なことのたとえ。
「鈞」は中国の昔の重さの単位で、「一鈞」は周の時代では約八キログラム、唐の時代では約二十キログラム。
髪の毛一本で千鈞の重さがあるものを吊り下げるという意味から。
「一髪、千鈞を引く」を略した言葉。

鶴髪童顔 かくはつどうがん

読み方 かくはつどうがん
意味 年老いても元気な人の様子。
「鶴髪」は鶴の羽毛のような白髪。
「童顔」は子どものような幼い顔。または、子どものように色つやのよい顔のこと。

間不容髪 かんふようはつ

読み方 かんふようはつ
意味 何か事が起きたときに、それに合わせた行動をすぐに行うこと。
髪の毛一本を入れる隙間もないという意味から。
「間、髪を容れず」という形で使うことが多い言葉。

危機一髪 ききいっぱつ

読み方 ききいっぱつ
意味 「一髪」は一本の髪の毛ほどの隙間のことで、髪の毛一本ほどのわずかな差で、大変なことになる瞬間や状況という意味。

苦髪楽爪 くがみらくづめ

読み方 くがみらくづめ
意味 人の苦楽の様子のことで、苦しいときは髪が早く伸び、楽をしているときは爪が早く伸びるということ。

苦爪楽髪 くづめらくがみ

読み方 くづめらくがみ
意味 俗世の苦楽の様子のことで、苦しい時は爪がよく伸び、楽をしている時は髪がよく伸びること。

鶏皮鶴髪 けいひかくはつ

読み方 けいひかくはつ
意味 年老いて衰えた老人の容姿のたとえ。
鶏のように張りを失った肌と、鶴の羽のように白い髪の毛という意味から。
「鷄皮鶴髪」とも書く。

黄髪垂髫 こうはつすいちょう

読み方 こうはつすいちょう
意味 老人と子どものこと。
「黄髪」は黄色がかった白髪ということから、老人のたとえ。
「垂髫」は子どものおさげ髪ということから、子どものたとえ。

黄髪番番 こうはつはは

読み方 こうはつはは
意味 白髪が黄色がかるほどに歳老いた老人のこと。
知識や経験を重ねた老人をいう言葉。
「黄髪」は黄色がかった白髪ということから、老人のたとえ。
「番番」は白髪のこと。

眥裂髪指 しれつはっし

読み方 しれつはっし
意味 激怒する様子。
「眥裂」は眼を大きく見開くこと。
「髪指」は髪の毛が逆立つこと。

身体髪膚 しんたいはっぷ

読み方 しんたいはっぷ(しんだいはっぷ)(しんていはっぷ)
意味 人の体のあらゆる部分のこと。全身。
「髪膚」は髪の毛と皮膚のこと。
出典には「身体髪膚之を父母に受く」とあり、父母から受けた体は大切なものであるという意味の言葉。

青山一髪 せいざんいっぱつ

読み方 せいざんいっぱつ
意味 遠く離れたところにある山が見える様子。
または、水平線を言い表す言葉。
髪の毛一本に見えるように、遠くはなれた山と地平線が重なって見えるということから。

截髪易酒 せっぱつえきしゅ

読み方 せっぱつえきしゅ
意味 やせ細るほどに努力して来客を接待することのたとえ。
または、誠意を持って客を接待することのたとえ。
「截」は断ち切ること。
中国の晋の陶侃は、貧しかったために、友人をもてなすために、自身の髪を切って売り、酒や食べ物を買ってもてなしたという故事から。
「髪を截りて酒に易う」とも読む。

千鈞一髪 せんきんいっぱつ

読み方 せんきんいっぱつ
意味 極めて危険なことのたとえ。
「鈞」は中国の昔の重さの単位で、「一鈞」は周の時代では約八キログラム、唐の時代では約二十キログラム。
髪の毛一本で千鈞の重さがあるものを吊り下げるという意味から。

束髪封帛 そくはつふうはく

読み方 そくはつふうはく
意味 妻が固く貞操を守り続けること。
「束髪」は髪の毛を束ねること。
「封帛」は白い絹で包んで封印すること。
中国の唐の時代の賈直言は、他人の罪の連帯で処罰されて左遷されることになり、若い妻に再婚するようにいうと、白い絹で髪を束ねて封印して賈直言に署名させ、これを守り続けると誓った。
二十年後に賈直言が戻ると封印されたままだったという故事から。

断髪文身 だんぱつぶんしん

読み方 だんぱつぶんしん
意味 野蛮な習慣のこと。
「断髪」は髪の毛を短い長さに切ること。
「文身」は刺青のこと。
中国で野蛮とされていた、呉越の一帯の風習。

剃頭辮髪 ていとうべんぱつ

読み方 ていとうべんぱつ
意味 中国の周辺民族で見られた代表的な髪型。
清朝では漢民族にも強制された髪型。
「剃」は剃ること、「辮」は髪を編むことで、頭の頭頂部を残して、周囲を剃って残った頭頂部を編んで後ろにたらした髪型。

剃髪落飾 ていはつらくしょく

読み方 ていはつらくしょく
意味 髪を剃って仏門に入ること。
特に身分の高い人が仏門に入ることをあらわす言葉。

頭髪種種 とうはつしゅしゅ

読み方 とうはつしゅしゅ
意味 年老いて、髪が抜けて短くなっていること。
「種種」は種から芽が出たばかりの短い芽のことで、髪が短い状態のたとえ。

頭髪上指 とうはつじょうし

読み方 とうはつじょうし
意味 激しく怒り、髪の毛が逆立つこと。
「上指」は上の方向を示すこと。
古代中国の秦の時代にあった鴻門の会で、樊カイが激怒して項羽を睨みつけたという故事から。

吐哺握髪 とほあくはつ

読み方 とほあくはつ
意味 熱心にすぐれた人材を探し求めることのたとえ。
「吐哺」は食べ物を吐き出すこと。
「握髪」は髪を握ること。
春秋時代、周公旦は入浴中でも濡れた髪を握って、食事中でも食べ物を吐き出し、面接を求める人にはすぐに面会して、すぐれた人材の登用に努めたという故事から。

吐哺捉髪 とほそくはつ

読み方 とほそくはつ
意味 熱心にすぐれた人材を探し求めることのたとえ。
「吐哺」は食べ物を吐き出すこと。
「捉髪」は髪を握ること。
春秋時代、周公旦は入浴中でも濡れた髪を握って、食事中でも食べ物を吐き出し、面接を求める人にはすぐに面会して、すぐれた人材の登用に努めたという故事から。

童顔鶴髪 どうがんかくはつ

読み方 どうがんかくはつ
意味 年老いても元気な人の様子。
「童顔」は子どものような幼い顔。または、子どものように色つやのよい顔のこと。
「鶴髪」は鶴の羽毛のような白髪。

怒髪衝冠 どはつしょうかん

読み方 どはつしょうかん
意味 激しく怒ること。または、その表情。
「怒髪」は激しい怒りで髪が逆立つこと。
「衝冠」は天に向かって突き上がること。
髪が逆立って突き上げるほどの激しい怒りということから。

怒髪衝天 どはつしょうてん

読み方 どはつしょうてん
意味 激しく怒ること。または、その表情。
「怒髪」は激しい怒りで髪が逆立つこと。
「衝天」は天に向かって突き上がること。
髪が逆立って突き上げるほどの激しい怒りということから。
中国の春秋時代、趙の恵文王の宝石を秦の昭王が騙し取ろうとしたという故事から。
「怒髪天を衝く」とも読む。

白髪青袗 はくはつせいさん

読み方 はくはつせいしん(はくはつせいさん)
意味 歳をとってから官職につくこと。
「白髪」は白い髪のことで、歳老いた人のこと。
「青袗」は浅黄色の短い着物のことで、中国の宋の時代、位の低い文官の着ていたとされる制服のこと。

白髪青袗 はくはつせいしん

読み方 はくはつせいしん(はくはつせいさん)
意味 歳をとってから官職につくこと。
「白髪」は白い髪のことで、歳老いた人のこと。
「青袗」は浅黄色の短い着物のことで、中国の宋の時代、位の低い文官の着ていたとされる制服のこと。

被髪纓冠 ひはつえいかん

読み方 ひはつえいかん
意味 尋常でなく急ぎ慌てること。
「被髪」は振り乱れた髪の毛。
「纓冠」は冠の紐を結ぶこと。
乱れた髪を整えずに、そのまま冠の紐を結ぶという意味から。

被髪左袵 ひはつさじん

読み方 ひはつさじん
意味 文明がないような地域にある野蛮な風習のこと。
「被髪」は束ねずに乱れた髪の毛。
「左衽」は左前にして着物を着ることで、普通とは逆に着るという意味。
「被髪左袵」とも書く。

被髪文身 ひはつぶんしん

読み方 ひはつぶんしん
意味 異なる民族の風習。
または、異民族の野蛮な風習。
「被髪」は束ねずに乱れた髪の毛。
「文身」は身体に入れ墨をすること。

被髪佯狂 ひはつようきょう

読み方 ひはつようきょう
意味 髪を振り乱して、気がふれた人のふりをすること。
「佯狂」は狂っているかのように見せかけること。
古代中国の殷の紂王の臣下である箕子は、暴政を行う紂王を諫めたが聞き入れられなかった。
君主の下を去れば、君主の悪を公表することになり、自身を弁解することになると考えた箕子は、狂ったように見せかけて幽閉されたという故事から

敝衣蓬髪 へいいほうはつ

読み方 へいいほうはつ
意味 ぼろぼろの服、乱れ放題の髪のことから、身なりが汚い様子。
「敝衣」はぼろぼろの服。
「蓬髪」は乱れ放題でよもぎのような髪のこと。
「弊衣蓬髪」とも書く。

蓬頭乱髪 ほうとうらんぱつ

読み方 ほうとうらんぱつ
意味 見た目に気を配らず、むさくるしいこと。
植物の蓬のように乱れている髪の毛という意味から。

蓬髪垢面 ほうはつこうめん

読み方 ほうはつこうめん
意味 容姿を整えることをせず、むさくるしいこと。
「蓬髪」はよもぎの葉のようになっている、ぼさぼさの髪の毛。
「垢面」は洗わずに垢でまみれている顔のこと。

尨眉皓髪 ぼうびこうはつ

読み方 ぼうびこうはつ
意味 老人を言い表す言葉。
「尨」は白髪混じりという意味。
「皓」は色が白いという意味。

楽髪苦爪 らくがみくづめ

読み方 らくがみくづめ
意味 人の苦楽の様子のことで、楽をしているときは髪が早く伸び、苦しいときは爪が早く伸びるということ。

戦国大名の健康育毛術

家康の健康と髪の毛を支えた八丁味噌


徳川家康と言えば、日本人なら誰でも知っている歴史人物です。
今回はそんな家康を健康面、特に髪の毛を支えた味噌のお話をしましょう。

今川家の人質として

徳川家康(松平元康)は三河国、現在の愛知県で生まれました。
当時松平家では当主が急逝した事で起こった身内同士の内紛を統御できず、織田家に領地を奪われるなどした為、当時駿河や遠江(今の静岡県周辺)を治めていた大名今川義元の庇護下となりました。小さい頃に人質として今川家で過ごしていたのもこれが理由です。
元服後は今川義元の『元』の名前をもらい松平元康と名乗ります。これも殿様が家来に自分の名前の1文字をあげるという「一字拝領」という褒美の一種です。

ですから、桶狭間の戦いで今川義元が討たれ松平家が独立した時は、名前を『松平元康』から『松平家康』に変えています。
もう今川家の家来じゃなくなったから名前なんて使わない、という意思を示したのでしょう。

困難を乗り越えて天下を統一

ここでひとつひとつ説明するのが野暮なくらい、家康は多くの苦労を体験しています。
人質時代の幼少期から始まり、今川家が崩壊し独立した後も同盟元である織田家とは長男信康の死を始めとした困難が続きましたし、信長亡きあとは豊臣秀吉との対立もありました。

家康が苦労したエピソードの一つとして有名なのは、武田信玄と戦った三方ヶ原の戦いです。

侵攻する武田軍に対し、城から出て迎撃しようとした家康の作戦は失敗。
多くの家臣が犠牲となり、家康本人も命からがら浜松城へ戻っています。

その時に描かせた絵がこちら。
『徳川家康三方ヶ原戦役画像』と呼ばれる絵で、三方ヶ原の戦いで自分が失敗して悔しがる姿を絵にする事で、今後の反省材料にしようと言う意図があったそうです。
実際この戦いでは代々仕えていた多くの家来を失っており、徳川家にとっても大きな損害でした。
小説『鬼平犯科帳』のモデルとなった長谷川宣以(長谷川平蔵)の先祖、長谷川正長もこの戦いで戦死しています。
平蔵が活躍できたのも、先祖の命を張った奉公があってこそのものだったのでしょう。

髪も体も健康体

そんな戦国時代に生まれ多くの苦労を経験したにも関わらず、家康は非常に長生きをしました。
享年73歳というのは当時としては非常に長寿でしょう。
現在の感覚で言えば100歳を超えたような物として考えて頂いて結構だと思います。
また肖像画でしか判断できませんが、絵を見る限り髪の毛の方もかなり豊かだったのではないでしょうか。

というのも、二代目将軍秀忠の墓が東京タワー建設の為に移転改築された際、死後300年以上経った現在においても秀忠には髪や体毛がフサフサだった記録が残っているからです。
毛髪は遺伝の要素もあるので、秀忠の父親である家康の髪がフサフサだった可能性はかなり高いでしょう。

ふさふさを支えたのは八丁味噌と麦飯

そんな天下を取った徳川家康ですが、体調管理には非常に気をつけていました。
特に彼が心がけていたのが食生活。
周りの戦国武将が豪華なものを食べ早死にしていった中、彼は天下を取っても麦飯や味噌汁を食べ続けていました。

家康の生まれは三河で、名物は八丁味噌です。
八丁味噌は現在でも味噌カツや味噌煮込みうどんなど、名古屋グルメとして楽しまれています。
戦国時代ではまだ八丁味噌という名称は無かったものの、大豆を使った豆味噌が作られ、家康もこれを好んでいました。

大豆に米や麦の麹を入れて発酵させる普通の味噌とは違い、豆味噌は大豆に『豆麹』という大豆から作った麹を加え、3年程発酵させて作ります。
その為たんぱく質、ビタミン、ミネラルに加え、大豆イソフラボンが非常に多く含まれており、このイソフラボンの中の配糖体が育毛効果を持っているそうです。
さらに八丁味噌には『IGF-1』という成長因子を増加させる作用があり、こちらもマウスの実験で発毛効果が見られたという実験結果が報告されています。

また麦飯には食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富で、髪に必要な栄養価もしっかり摂取できます。
八丁味噌で育毛の手助けを、麦飯で生えた髪の毛のケアをと、二重の結果が期待できる組み合わせのようです。

まずは週1回の味噌汁から

もちろん、この現代社会においていきなり八丁味噌の味噌汁と麦飯だけの食事にするのは大変ですし、周りも驚かれる事でしょう。なにより続けるのが大変となっては、本末転倒です。

そこでオススメなのはピンポイントな食べ方。
毎日この組み合せにするのではなく、例えば週に一回とか、毎週日曜の朝とか、まずは少しずつ八丁味噌のお味噌汁をご自身の生活に組み込み、それから続けてみたり回数を増やしてみたり麦飯を追加してみたりと調整をすれば、無理なく長く続ける事が出来るはずです。

筆者もこの生活をした経験がありますが、外食やコンビニ弁当が続いた後に麦飯や八丁味噌のみそ汁を朝食に組み込んでみると、質素な部分に新鮮さを感じて面白いものでした。
育毛も健康も大事ですが、食事を義務ではなく楽しみと感じる事も大切なのではないでしょうか。

日本頭蓋顎顔面外科学会

第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会

今年の10月11日と12日にかけて、札幌で第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会が開催されます。

日本頭蓋顎顔面外科学会の前身である日本顎顔面外科学会は、1983年(昭和58)年に創設されました。
一般的に医学においての学会は耳鼻科や眼科など具体的な部位を示す事が多いのですが、この学会では特定の臓器が指定されておらず、骨折などの通常の治療行為からレーザーを使用する美容外科まで幅広い範囲を対象としています。

◆頭蓋顎顔面外科とは

例を挙げると、創設当初では事故や事件による顔のケガ、顔面骨折、ケンカによって鼻が変形してしまったという案件もこれに含まれるでしょう。
それからさらに技術が発達し、生まれつき唇や口の中が裂けてしまっている唇裂や口蓋裂、顎が変形してしまう小顎症、耳が埋没する小耳症等、先天性の病気の治療の研究も進んで行きました。
最近では頬骨の出っ張りや出っ歯、顔面の輪郭形成といった美容医学の分野が注目され、多くの患者さんがより良い生活を送る手助けをしています。
当院が行っている自毛や植毛も、この頭蓋顎顔面外科の中に含まれています。

◆学術集会とは

ところで、これらの『形成外科』のお医者さんの学術集会では何が行われているの?と思われる方もいらっしゃると思います。
本日は専門的な医師の集まる学術集会について説明致しましょう。

学術集会、一般的に学会と言われるイベントでは、その分野で研究をしている人達が研究成果を発表し、議論や交流を兼ねる場所の事を言います。
今月開催される日本頭蓋顎顔面外科学会では、美容外科に関するパネルディスカッションや手術の得意な医師による技術講座、治療や手術の失敗談から次の成功につなげる為の議論など、様々なプログラムが用意されています。
また現地では医師や研究者が交流する事もあり、専門分野繋がりで新しい人脈ができたり、新たな技術や研究方法が学べたりと、得られるものも非常に多く、医師自身の次へのモチベーションが生まれる貴重な機会ともなっているのです。
今年は自毛植毛の分野にスポットが当たり、会場ではいわゆる『自毛植毛の匠の技』が披露されます。

当院での今後の治療にも生かせるように、多くの技術を吸収したいものですね。

学会学術集会のご案内

第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会のご案内

会長
山本 有平(北海道大学 形成外科 教授)

会期
2018年10月11日(木)・12日(金)
(前日の10月10日(水)に理事会、社員総会を開催予定)

会場
京王プラザホテル札幌
〒060-0005 札幌市中央区北5条西7丁目2-1
TEL:011-271-0111 / FAX:011-221-5450
URL:https://www.keioplaza-sapporo.co.jp/

学術集会HP
URL:http://jscmfs2018.jp/

第37回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会

会長
小室 裕造(帝京大学 形成・口腔顎顔面外科講座 教授)

会期
2019年10月31日(木)、11月1日(金)
(前日の10月30日(水)に理事会、社員総会を開催予定)

会場
KFCホール、第一ホテル両国
〒130-0015 東京都墨田区横網一丁目6番1号
URL:http://www.tokyo-kfc.co.jp/facility/hall/

第38回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会

会長
貴志 和生(慶應義塾大学 形成外科 教授)

会期
2020年11月12日(木)、13日(金)
(前日の11月11日(水)に理事会、社員総会を開催予定)

会場
東京ファッションタウン(TFT)ビル ホール
〒135-0063 東京都江東区有明3丁目4番10号
URL:http://www.bigsight.jp/facilities/tft/hall/tfthall/