日本抗加齢医学会

densya_silverseat2001年に日本抗加齢研究会が設立された。設立時には、超少子高齢化社会と老人医療費が増大しており、国民保険制度がある福祉政策に

日本抗加齢医学会は、医師、医生物研究者らが集まって設立されているが、その目的は加齢や老化の進む中で、老化して病的プロセスを予防する抗加齢医学を積極的な基礎医学的や臨床医学的を追究して、生活者の生活の質を向上することとされている。

その先にあるものは、老人医療費増加度を抑制し、人口年齢の延長、労働力を確保するという目的を持っている。抗加齢医学の正確なデータを集積し、正しい情報、事実、科学根拠に基づいて確率を目指している。

抗加齢医学とは

・健康な寿命を延命するための予防の医学

抗加齢医学に重要なのは、長い寿命の質が重要だといわれている。高齢者の生活の質を上げるためには、バランスの悪い病的な老化を早くから予防して健康に寿命を延ばすためにあると言われている。

・生活習慣の改善から捉える

・生活者の自らの生活活動の向上

医学的な治療、予防をすることによって、生活者自ら生活習慣を改善しようと自ら活動的になる場合があり、積極的な行動変異が発生する医学となるとも言える。

事業内容

毎年、日本抗加齢医学会総会の開催をしている

全国各地での抗加齢医学の知識t、理解を広めるための活動