日本臨床皮膚科医会

皮膚科を専門とした臨床医が集まり、医療技術適正評価、生涯学習を実現するために1984年に設立された医会である。現在が4,600名の会員が在籍している。全国各地で学会を開いたり、講習会などで皮膚疾患で悩む患者さんなどへ最適な医療、治療を提供できるよう活動している。現在、高齢者人口も増加しており、皮膚病の疾患者も増えている状況にある。よりより医療環境と医療制度を基盤にするための団体である。また、地域医療充実のため、在宅医療、学校保健、教育現場の活動など皮膚科医の情報の強雨湯、公開講座にも積極的に取り組みを行っている。

現在の会長は、若林皮膚科医院の若林正治氏が務めている。

皮膚の日とは

monshin_woman_doctorまた、1989年11月12日を『皮膚の日』と定めた。毎年この日を皮膚疾患について正しい知識の普及、理解を深めるために市民公開講座や無料相談、皮膚がんの無料検診などを開催して、啓発活動を行っている。

具体的には足裏ホクロ無料相談や皮膚病無料相談、電話での皮膚病の相談なども行っている。

 

事業内容

・皮膚科医療の正しい知識の教育や研究などに関する事業

・定期的に会誌の発行

・臨床学術大会や市民公開講座、集会の開催

・皮膚の日の様々な活動

・関連学会との協力や情報交換

・その他の必要な事業