日本美容外科学会

日本美容外科学会(JSAS)とはhair_arrange

日本美容外科学科(Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery)とは、昭和52年1月に発足された日本整形形成外科研究会が母体となっており、美容外科の研究や科学的知識、技術、更なる発展と国民の福祉に貢献する目的tで作られた、国際美容外科学会の認める日本で唯一の美容外科学会である。

会員は、日本医師免許を所有し、会員の推薦を受けた優秀な医師により構成されている。

現在は、先代梅澤文雄氏が理事を務めている。

事業内容

◆学会、調査研究、講演会開催

美容外科医療に関する、基礎的な調査等を全国規模で行い、分析、考察、結論結果などを会員に広報する。また、日本美容外科学会を開催する。

◆専門医制度に関わる事業

専門医認定試験の開催、専門医研修の状況を調査など

◆広報事業

学会の直面する問題への見解等を資料を作成し、公表する。そして美容外科の社会へ周知など。ホームページの充実。

◆学会誌、図書等の発行事業

定期的に会報を発行、学会新聞やその他の図書の刊行。

◆医療制度の研究調査発表

美容外科医療の医療制度の調査、厚生労働省行政の診療科別政策管理に関わる事業に協力、医療機関ホームページについてのガイドライン、インフォームドコンセント・ガイドラインを会員に徹底、運営をはかる。

再生医療に関する取り組みの強化、国民、患者、学会員の福祉の充実に寄与など。

◆関連学術団体との協力

日本の先進医療医師会の事業、日本学術会議、日本医学会、などの事業に協力。

等、様々な活動をしている。