日本皮膚科学会

日本皮膚科学会とは

明治33年の12月に東京帝國大学教授の土井慶蔵博士がcharacter_hakase提唱したことで創立された学会のこと。

翌34年4月の第一総会が開催される。この学術総会は現在でも毎年行われている。また、この学会から「日本皮膚科学会雑誌」という雑誌が1901年から創刊されている。

理事長は山梨大学の島田眞路である。

事業内容

◆「日本皮膚科学会雑誌」の雑誌を年13回発行

全会員に配布している会員誌。通年およそ2千ページになる会員誌の中には、原著論文や学会抄録、会報等が掲載されている。

◆「The Journal of Dermatology 」の雑誌を年12回発行。

年間1万円の購読料で購読会員に配布しているもの。国内や国外の原著論文を掲載している。世界の14か国から約40人ほどの研究者たちの協力によるもの。世界37か国340か所で購読されている。

◆「皮膚科専門医」の資格認定、資格更新

皮膚科専門医を養成するため、また生涯にわたって教育研修のために設けている制度のこと。認定されるには、学会がする研修施設で臨床研修を5年以上行うことと、必要用件を満たしている会員へ試験を行う。

この資格は取得後5年毎で更新されるが、その間には研究発表や自己研修、学会への出席などで専門医制度の基準単位を習得しなければならない。

◆講習会や色々な学会の開催

年に9回、研修講習会や生涯教育シンポジウムを開催している。専門医を目指している会員や更新するための会員が参加している。

◆「総会」の開催

年1回、世界の会員が参加し、3日間の日程多彩なプログラムを開催する総会を開催している。

◆「学術大会」を毎年開催

毎年1,2回学術講演や研究発表などの学術大会を開催している。

 

等、様々な活動をしている。