[breadcrumb]

ヘアカラーリング剤

ヘアカラーリング剤とは??

毛髪を染めるための染料のこと。主成分はパラフェニンジアミンという酸化染料で、過酸化水素水と混合すること酸化発色をして永久的に染まります。市販でも販売されており、セルフでカラーリングすることができます。また、ヘアカラーリング剤も種類が豊富で、また種類によって用法も異なってきます。

カラーリングの種類と特徴

カラーリングは大きく、ヘアマニキュア(半永久染毛剤)、ヘアカラー(永久染毛剤)、ブリーチ(脱色剤)の3種類に分けられます。ヘアマニキュアは髪表面のキューティクルを染色し、ヘアカラーは髪の内側のコルテックスを染色、そしてブリーチはコルテックスのメラニン色素を分解して髪を明るくします。髪の内側のコルテックスに薬剤が浸透するヘアカラーとブリーチは、ヘアアイロンの熱やブラッシングの摩擦の影響を受けやすく、特に髪へのダメージが大きくなりがちです。

カラーリング剤の中で最も危険な成分とは?

上の3種類の中で、最も危険性が指摘されている成分は、ヘアカラーに使われている酸化染毛剤の一種、パラフェニレンジアミン。このパラフェニレンジアミンは、重篤なアレルギー反応のアナフィラキシーを起こす可能性があると言われる成分です。

アナフィラキシーとは、頭皮のかぶれ・炎症・湿疹などの皮膚症状や、呼吸困難などの呼吸器系の症状が、短い時間で一気にあらわれることを意味します。それまで大丈夫だったとしても、何度かカラーリングをくり返すうちにアレルギー反応が突然起こりうることもありますので、注意が必要です。

また、ヘアマニキュアに含まれるタール色素も危険性が高い成分として挙げられます。これは旧厚生省が定めた表示指定成分の1つで、発がん性が疑われている成分です。

最後に、ブリーチ剤に含まれる過硫酸塩も危険性が高いです。この成分は、頭皮のかぶれや喘息などを引き起こす可能性があると言われています。

以上のことをふまえ、体調などを様子見ながら行いましょう。

その他の染毛剤と特徴



 

hair_coloring

アルカリ染毛剤

髪を明るくする際に使用されているスタンダードなカラーリング剤。髪に与える影響は大きい。

一時染毛剤

キューティクルの部分をコーティングすることで染色するカラーリング方法で、ダメージは低い。しかし、色落ちしやすく明るくなりにくい。

中性染毛剤トリートメント

アルカリ染毛剤と一時染毛剤の間を取ったカラーリング剤。ダメージは低いが一時染毛剤を使用するよりも明るく染毛することができる。

天然染毛剤

従来とは全く違うカラーリング剤。昔から漢方薬、医薬品として利用されており天然素材のカラーリング剤。白髪染めに向いているが、明るく染毛することは難しい。

 

 


~おもなメーカー・ブランド・商品名~

ホーユー

ビューティーン(10代 – 20代初期女性向け)/レクシィ(ヤング男性向け)/ビューティーラボ(20 – 30代女性向け)/シエロ(白髪用/ビゲン(白髪用)/メンズビゲン(白髪用)

ダリヤ

パルティ(ブリーチ)メンズパルティ(ブリーチ)/サロンドフューティ/サロンドプロ(白髪用)/エブリ―(アンナドンナのブランド名でダリヤの一事業部)

シュワルツコフヘンケル

フレッシュライト(ブリーチ)ビジョン(白髪用)/フェミニン(白髪用)/パオン(白髪用)/マロン(白髪用)

クラシエホームプロダクツ

シンプロ/プロスタイルヘアカラー

マンダム

ギャツビーヘアカラールシードナチュラルカラー(白髪用)/ルシードLヘアカラー/プロデュース

日本ロレアル

ロレアル パリ エクセランスフェリア 3D カラー/シ ナチュレル/資生堂/マシェリ/uno

カネボウ化粧品

サラ

コーセー

スティーブンノル

花王

ブローネ(白髪用)プリティア ふんわり泡カラー/サクセス スタイリッシュカラー(白髪用。黒髪用もあったが製造終了。)

WELLA

ウエラトーン2+1