ヘアカラートリートメント

別名、ヘアマニキhair_careュア。一回でヘアカラーをするわけではなく、何度も使用していくことで、髪の表面の色素が段々と浸透し髪が染まっていくという薬品のこと。一般的に女性の白髪染めで使用されることが多い。使い方が製品によって異なるが、黒髪を明るく染めることは不可能。

ヘアカラートリートメントのメリットは、髪に負担が少ない状態で毛髪を染めることができ、トリートメント効果もあるため髪がサラサラになる。また、徐々に染まっていくので周りからも気づかれにくい、という点で長年使用されている。また染める際には、シャンプー後に髪に残っている水分をよくきってから塗布させると色がよくしみこんで綺麗にカラーリングすることができる。

白髪染めを初めとしたヘアカラーも薄毛要因のひとつに数えられています。
市販の刺激の強い白髪染めを使うと頭皮がピリピリしますし、髪がボロボロに傷んで”なんだか髪が溶けていっているような気がする”という感覚通り髪へのダメージは大きいのです。
1剤2剤(過酸化水素)を混ぜ合わせるタイプのものは毛の中のシスチンというタンパク質の分子を酸化、切断してしまうため髪の強度を低下させる原因になる。
カラーリング後はキューティクルが開いた状態なので、髪の毛の内部のタンパク質や栄養素が流出してしまって、どんどん髪はパサつくようになり、細毛を促進してしまう結果になるといわれている。
使ってすぐにその影響が出るということはないが、白髪染めは繰り返し使う方が多いので若いころは頻繁にヘアカラーで髪を染め、白髪染めデビューは早かったということになると、それだけ髪にダメージが蓄積されているということになる。