[breadcrumb]

抜毛症

抜毛症は身近な病気
世の中には、抜毛症という病気があります。ふとした拍子に髪を抜いてしまう、ストレスからつい髪を触ってしまう人は、抜毛症である危険性があります。

また、抜毛症に悩んでいるのが子供の場合には、周囲のサポートが必要となることが多いです。
抜毛症がどういった病気なのか、改善するためにはどうしていけばいいのでしょうか。

抜毛症とは
抜毛症とは、何かの拍子に髪を抜きたくなったり、無意識に髪を抜きたくなったりする病気です。以前までは抜毛癖と呼ばれていましたが、最近になって病気として扱われるようになりました。

抜毛症の有病率は成人の1~2%で、100人に1~2人は抜毛症であるという計算です。おもに女性に多い症状で、その数は男性の10倍ほどです。

抜毛症の3つの特徴
抜毛症の主な特徴は次の3つです。

髪を抜いていると安心する
抜毛症の人はなんらかの不安を感じているときに、衝動的に髪を抜くことで気持ちを落ち着けようとする特徴があります。髪が抜ける感覚に心地良さを覚えて髪を抜く人もいます。

②髪を無意識に抜いている
抜毛癖のほとんどは手遊び感覚で髪を抜きますが、抜毛症の場合は不安から逃れる反応として、無意識に髪を抜く行為に及びます。

これは本人の意思と関係なく行なわれる行為なので、初期段階で自覚する人が少なく、大半は症状がかなり進行した状態で発覚します。

③髪を抜いた後に強く後悔する
髪を抜いてはいけないと理解していても無意識に繰り返し髪を抜くため、症状が収まった後に後悔する人が多いことが抜毛症の特徴です。

抜毛症による髪を抜く行為は、本人の意思による歯止めが利きづらく、見た目を大きく損なうほど髪を抜くのです。

また、髪の毛以外にもまつげや眉毛などを抜く人もおり、症状が悪化すると髪、眉毛、まつげがほとんどない状態になることもあります。

なお、抜毛症に悩む人の中には抜いた髪を食べる食毛症を合併する場合もあり、食べた髪が原因で腸閉塞や胃腸炎を引き起こすこともあります。

抜毛癖と抜毛症の違いについて知る

抜毛症の判断で難しいのは、単なる抜毛癖なのか抜毛症なのかという判断です。抜毛症の判断基準で重要なのは、社会活動や日常生活に支障がでているかどうかです。

毛を抜く行為がとめられず悪化して、社会活動や日常生活に支障がでているのであれば、抜毛症を疑ったほうがいいでしょう。

他にも、髪を抜きすぎて一部の髪が薄毛となるのも、抜毛症であると判断される基準のひとつです。部分的に不自然に薄毛になるため、隠そうと帽子をかぶるようになったり、さらには外出するのを避けるようになったりします。

抜毛症と併発しやすい皮膚むしり症

抜毛症は、皮膚むしり症と同時に発症することがあります。この皮膚むしり症は、皮膚をひっかいたり傷つけたりする癖が悪化した病気です。無意識にニキビを潰す場合も、この皮膚むしり症と扱われます。

抜毛症も皮膚むしり症も、おもな原因がストレスや不安であることと、なかなか自制が効かないことが共通しています。

抜毛症の治療は精神科、心療内科、脱毛症外来がある皮膚科などの診療科で受けられます。
抜毛症の治療の経過には個人差があります。治療を始めて1年以内で症状が軽くなるケースもあれば、20年以上症状が治まらないケースもあります。

なお、幼少期に抜毛症を発症した人は治療を始めると症状が緩和する傾向がありますが、青年期以降に発症した人は症状が治まりにくい傾向があります。

抜毛症は一人だけで悩んでいると、ついつい悪循環に陥りがちです。深く悩む前に、医師や家族に相談をしてみるといいでしょう。