[breadcrumb]

創傷治療

創傷とは

創傷とは外力により生じた皮膚組織・臓器の損傷のことを指す。

創傷の種類は、開放性損傷と非開放性損傷、または創傷の形態に基づき分けられる。開放性損傷とは、外傷により表皮の正常な連続が断たれた状態のことを指す。対して非開放性損傷は、皮下組織の非開放、いわゆる傷口がない状態の損傷のことである。

開放性損傷は「創」、非開放性損傷は「傷」と名義される。一般的にケガ、そのキズと呼ばれるものは創を指していることが多い。そのため、キズということばにしばしば使われている、傷との区別はいささかつきにくいようである。分類される創・傷だが、広義では創傷はすべての損傷を意味している。

 

創傷の種類

創傷は、その形態・症状に基づき分類される。

切創:包丁やナイフなどの鋭器により切られたことでできる損傷。

・割創:膝や頭などの、硬いもので挟まれた重量のある皮膚が、体表面に打ちつけられて生じる開放性損傷。

・刺創:先のとがった刃物などの鋭器により突き刺されたことでできる損傷で、鋭器の種類により創の形態は異なる。

・裂創:鈍的外力により圧迫的に作用した部の近傍、または離れた部位の皮膚が伸展して生じる開放性損傷。

・杙創:先端が比較的太く、鈍な、鉄筋や杭などの刃物以外の構造物が貫入した開放性損傷。

・挫創:鈍的外力が作用して生じる開放性損傷。

・挫傷:鈍的外力による打撃や圧迫によって、皮膚の断裂を伴わず、体内の組織や臓器が損傷した状態。

・熱傷:熱源による皮膚・粘膜の障害のこと。通称はやけどである。多くの人が経験したことがある外傷。その原因は液体や気体、金属など、実にさまざまである。

・凍傷:低温の影響により皮膚に寒冷が直接作用したときに、組織が凍結することによって細胞が破壊されたりする局所的な損傷。多くは、極度の慣例環境や、強風などで発生する。

擦過傷:皮膚を地面などに擦ることで、表皮の一部がなくなった状態。一般的に擦り傷と呼ばれる。

 

創傷治療とは?

傷の回復を早めることを目的とした治療全般を指す言葉。

ひと昔前の日本社会ではあまり顧みられていなかった分野で、欧米を中心に研究がさかんに繰り返されてきた。現在は国内においても、医療の多様化を背景に創傷治療に対する需要が高まっている。
美容外科の普及も、傷痕を残さない方法を追求するという観点から創傷治療の発展に拍車をかける結果をもたらしている。

植毛においては、グラフトの採取や患部への埋め入れ等の作業が発生するため、頭皮に損傷を与える確率がきわめて高い。そこで創傷治療を行う必要性も自然と高くなる。
仕上がりを高めるだけではなく、苦痛を緩和したり頭皮の変形といった症状を防止したりする上でも重視されている。

日本創傷治癒学会理事長である貴志和生氏は、以下のように語る。

「創傷治癒は生命現象を担う生理現象の大きな柱の一つであり、メカニズムの違いはあれ皮膚だけではなく、ほぼすべての臓器の損傷後に起こる現象ですので、外科系診療科はもちろんのこと、創傷治癒に無関係な診療科は皆無であると考えております。」

http://www.jswh.com/aboutJSWH/aisatu.html

創傷治療の多領域への発展は今後、めざましいものになるのではないだろうか。