[breadcrumb]

低出力レーザー機

低出力レーザー機とは? 

育毛を実施するために市販されている器具。
かつては育毛サロン等でのみ利用可能だったが、最近は家庭用のよりコンパクトな商品が流通している。費用を第一に考える場合、育毛サロン等に通いながら利用するよりは購入したほうが安上りになる可能性が高いことは事実である。

低出力レーザ

低出力レーザ

安全性

高出力のレーザーを浴びてしまう危険がないため、安全性が約束されている。ただし効果について国内では、医学的な裏付けが存在するわけではない。
レーザーを照射することで、頭皮の血行を促進したり、毛母細胞を活性化したりする効果があると考えられているものの、植毛手術等と違って結果には大きな個人差が生じることを承知の上で購入する必要がある。

効果

日本で唯一毛髪再生の研究を行う大阪大学の研究室が海外で低出力レーザーの育毛効果が認可されたことを踏まえ、他の可視光線でも育毛効果が期待できるのではないかとの研究をはじめた
低出力レーザー育毛器のFDA(米国食品医薬局)が認可するまでの治験や臨床とそれを元に大阪大学の赤色LEDの育毛促進作用の研究
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n193293

海外の臨床試験

日本の赤色LEDを用いた研究はまだマウス程度だが、海外の低出力レーザーはミノキシジルやプロペシアの育毛医薬品だけではなく、一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)も行われた。

低出力レーザーの育毛効果が一部の国の保健省によって、ミノキシジルやプロペシアと同様の治験や臨床を経て、育毛効果が確認されている事もある。酷似する商品説明をする低出力レーザーのメーカーが複数ありそれを見ると原産国や他の国で特許申請中と宣伝をされていたり、日本でISO9001を取得という低出力レーザーもあるが、ISO9001は品質管理に対して与えられる証明であり効果を確認して証明になるものではない。

低出力レーザーによる育毛はミノキシジルやプロペシアといった医療成分についで育毛効果を米国食品医薬局(FDA)によって検証され承認された。その際、FDAが定める効果や安全性においても薬の承認と同様にダブルブラインドテストやFDAが認定した複数の医療施設において実際に使用され、効果なども確認されている。

ATPの増加

テストステロンやDHTを減少させても育毛につながる訳ではないとこの10年ほどの研究が理解されるようになり、日本でもATPの増加を図る育毛剤が開発などをされるようになり、低出力レーザーはATPの生成が活発化することが海外の治験や臨床で確認されたとしているが、具体的な実例が少ないので今後国内での治験結果を待ちたい。