[breadcrumb]

瘢痕性脱毛症

瘢痕性脱毛症とは? 

何らかの原因で皮膚・頭皮にもたらされた傷痕が原因で発症する脱毛症。

激しい外傷や火傷、あるいは重度の皮膚疾患や難病の症状あるいはその治療方法が原因で、頭皮に傷痕が残ることがある。この過程で、頭皮の毛根が著しく傷つけられてしまうと、その部位の頭髪は失われることになる。
まずはその原因になった外傷や疾患の治療を優先する必要があるが、いったん毛母細胞が破壊されてしまうと、その部位に頭髪を取り戻すことは非常に難しい。

ダメージを受けた部位のみが脱毛の範囲となるのが原則だが、場合によっては感染症等がはじまるため範囲が拡大してしまう可能性がある。そのため二次感染の防止が必要となるケースがある。また外科手術で、瘢痕の範囲を最小限に抑えることも考えられる。