老人性脱毛症

老人性脱毛症とは? 

加齢の影響で起こる脱毛症のこと。
60歳を過ぎると、人間は新陳代謝の機能が衰え、新しい細胞をじゅうぶんにつくり出せなくなっていく。
こうした事情から、老人性脱毛症につながるものと考えられている。

男性型脱毛症(AGA)と混同されることが多いが、いくつかの顕著な違いがある。
たとえば、男女の区別なく起こることや、頭髪だけでなく全身の体毛にも同様の症状が見られること、また頭頂部や前頭部に症状が限定されないこと、頭皮の血管がよく透けて見えるようになること等があげられる。