月別アーカイブ: 2015年12月

ロゲイン

ロゲインとは? 

育毛剤として普及している外用医薬品の一種。
アメリカの製薬会社が開発しており、すでに何十年という長期に渡って利用されてきた実績がある。
ミノキシジルを配合しており、男性型脱毛症(AGA)の男性の間でしばしば愛用されている。

効果の高さのほか、安全性に関する信頼度が高く評価されている。
実際に、FDA(アメリカ食品医薬品局)や日本皮膚科学会・日本毛髪科学協会等からのお墨付きや研究報告が多く、販売の際にはさかんに引用されてきた。

取り扱っている輸入代理店がかなり増えている(日本国内に流通するようになって久しい)。
価格についても比較的安価に設定されているため、高い需要を誇っている。

ミノキシジル

ミノキシジルとは? 

発毛効果を持つ物質の代表格と呼べる成分。
現在、世界中の発毛剤に使用されている。

もともとは血管拡張剤として脚光を浴びたが、高い発毛効果を併せ持つことが知られて以来、急速に発毛剤の材料として広まった。
最近は経口摂取する種類や頭部に塗布する種類など、多様化が進んでいる。

日本に上陸したすでに数十年という歳月が流れているが、医薬品であることから流通経路には制限がかかっている。
一般の育毛剤として販売されているケースは、一部の製薬会社の生産品のみとなる。それ以外では、医療機関での処方を受けるか海外からの輸入等が必要となる。

ミノキシジルの利用の際は、かゆみやむくみ、低血圧や肌荒れといった副作用を避けるために使い方に用心する必要がある。

形成外科

形成外科とは? 

医科の科目のひとつ。
現在の定義では、身体の組織に起こった変形や欠損等の異変に対して、機能や形状の修正や調整を目指す科目となっている。

よく「整形外科」と混同されるが、整形外科は厳密には身体の運動が治療の対象であり、骨や関節、あるいは筋肉や神経といった組織が主たる対象である。
それに比べて、形成外科の場合は皮膚のような身体の表面が主たる対象となる。

植毛手術は、頭皮や頭髪が治療の対象である。そのため、形成外科の範疇にカテゴライズされることがほとんどである。
医療機関や医師、あるいは科目を切り口として植毛の相談場所を探す場合は、形成外科を手掛かりにすることがおそらく近道となる。

薬物性脱毛症

薬物性脱毛症とは? 

投与された薬物のためにもたらされる脱毛症を総称する言葉。
副作用に脱毛が含まれる薬物といえば抗がん剤が非常に有名だが、その他の薬物で発症する例もある。

抗がん剤の場合は、細胞の分裂を妨げることでがんの活動を抑えようとする。毛母細胞もその効果の対象となるため、頭髪のほか全身の体毛も生えてこなくなる。

そしてがん以外でも、重症の疾患に用いられる強い薬の中には脱毛という副作用を持つ種類がたくさん存在する(数種類の薬物を組み合わせて使っていた場合は、脱毛の原因がどの薬なのか特定するという手間も発生し得る)。

薬の投与をストップすれば、脱毛もストップすることが大半である。とはいえ、ヘアサイクルが休止期に入っていると、発毛するまでに数ヶ月単位の期間を要してしまうことが往々にしてある。

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症とは? 

大量のフケが発生することで起こる脱毛症。
フケが増えてしまう原因はさまざまだが、増えすぎると毛穴を詰まらせてしまうほか、頭皮の炎症の原因になってしまう恐れがある。これらの症状は、抜け毛を増やすきっかけになり得る。
猛烈なかゆみや不快感等を伴うことも、症状のひとつとなる。

男性型脱毛症(AGA)と併発しているケースもある。この場合は脱毛の進行を早めてしまう危険性が高いといえる。

この脱毛症は、かゆみや湿疹のほかに深刻な症状がないため放置してしまう発症者が少なくないと考えられている。もちろん放置しておくことは頭皮・頭髪の健康を目指す上ではまったく好ましい態度ではない。

白髪

白髪とは? 

頭髪の色素に異変が起こったために、本来の色から白く変色している頭髪のこと。

加齢が原因で起こる現象で、白髪の大半は実際に40歳以上になってから進行している。
ただし、極度の精神的な圧迫等が原因で頭髪が白髪になるケースも知られている。
そのほか生活習慣および食生活、そして遺伝や疾患の影響を受けるケースもある。

原因およびそのメカニズムについては研究が各地で重ねられており、近年の成果は目覚ましいがまだ医学界でも意見が分かれている。

白髪が増えてきた場合は、やみくもに抜くことは推奨されない。残った毛穴に炎症等が起こることもあり得る。
それよりも、生活習慣を見直したり頭皮・頭髪を傷めないやり方で染色したりすることが望ましい。

瘢痕性脱毛症

瘢痕性脱毛症とは? 

何らかの原因で皮膚・頭皮にもたらされた傷痕が原因で発症する脱毛症。

激しい外傷や火傷、あるいは重度の皮膚疾患や難病の症状あるいはその治療方法が原因で、頭皮に傷痕が残ることがある。この過程で、頭皮の毛根が著しく傷つけられてしまうと、その部位の頭髪は失われることになる。
まずはその原因になった外傷や疾患の治療を優先する必要があるが、いったん毛母細胞が破壊されてしまうと、その部位に頭髪を取り戻すことは非常に難しい。

ダメージを受けた部位のみが脱毛の範囲となるのが原則だが、場合によっては感染症等がはじまるため範囲が拡大してしまう可能性がある。そのため二次感染の防止が必要となるケースがある。また外科手術で、瘢痕の範囲を最小限に抑えることも考えられる。

中毒性脱毛症

中毒性脱毛症とは? 

精神面や身体面での負荷(ストレス)が極端に激しいときに発症する脱毛症。

重病で体力が衰弱しているときや、その治療過程で、効き目と副作用が強くて負担が大きい薬の投与や難易度の高い手術が発生したときによく報告されている。
激しいダイエットの直後、または妊娠・出産の際に発症した例もある。

ストレスが最大の引き金だと考えられており、実際にストレスの原因がなくなると自然と回復に向かう性質がある。
そのため、本格的な発毛や育毛、植毛といった手段に頼る必要はないと考えてよい。

フケ

フケとは? 

頭皮の角質細胞が老化して、剥がれ落ちることで発生する物質。
通常の皮膚では、垢に該当する。

フケは人間が生活している限り恒常的に発生する。特に若い間はフケが大量に発生する傾向がある。

フケはコンスタントに頭皮を洗浄して洗い落とす必要がある。特別な疾患の場合を除いて、フケだけで薄毛・抜け毛等の直接的な原因になることは考えにくいが、フケをはじめ頭皮の汚れや余分な皮脂を十分に取り除く習慣を持つことで、頭皮と頭髪の健康や美容を維持する努力につながる。

ただし洗髪方法等に問題があると、かえってフケが増える原因になるリスクがある。洗い方やシャンプーの質等には注意を払うべきである。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは? 

皮脂が過剰に分泌されている場合に発症する脱毛症。発症例はかなり少ない。
頭皮に炎症を伴うことが多いが、これは皮脂が毛穴をふさいでしまうため、雑菌が繁殖しやすい環境となってしまうためだと考えられている。

医療の現場においては、皮膚疾患の一種として取り上げられることが一般的である。したがって皮膚科での診察を受けることがまず求められる。

この脱毛症だけで抜け毛・薄毛がもたらされるわけではない。そのため、皮脂の除去を徹底するだけでは脱毛をストップさせることにはならない。それと並行して、雑菌の侵入や炎症に対処する必要がある。
皮脂量が増えすぎる理由については、ホルモンバランスの異常等があげられている。