[breadcrumb]

薄毛対策④頭皮の衛生環境気にしたことありますか?

皆さんは、ご自身の頭皮の衛生環境を気にしたことはありますか。

実は、薄毛対策のために食事、睡眠などに気をつかっていても頭皮の衛生環境が悪いと、逆に薄毛を促進しまうのです。では、頭皮の良い衛生環境とはどのような状態のことを言うのでしょうか。理想は必要な皮脂がありながら、増え過ぎず、減り過ぎず、バランスの良い皮脂の衛生環境が保たれていることです。

まず、皮脂を増やしすぎないこと。皮脂が増えすぎる原因として、男性ホルモンが活発になりすぎてしまうことがあげられます。男性ホルモンが活発になりすぎることで頭皮の分泌量が増え、皮脂が酸化し、「過酸化脂質」ができ、頭皮と毛根の炎症を引き起こしてしまいます。

また、皮脂を減らしすぎないこともポイントです。この原因には、シャンプーで洗いすぎることがひとつ言えます。皮脂を清潔に、と何度も何度も洗ってしまうと皮脂が減りすぎて、身体が皮脂を分泌させようとするのです。そうするとかえって皮脂が分泌し過ぎてしまうため、結果的に皮脂が増えてしまい衛生環境的によくない状態を引き起こします。

衛生環境改善のために、以下にポイントをまとめてみました。良い衛生環境の頭皮を目指しましょう。

1.シャンプーを見直す

毎日するシャンプーのケアはとても重要です。自分に合っていないものを使うと痒みやフケの増加にも繋がります。自分に合ったシャンプー選びをしましょう。また、何を使えばいいのかわからない方はいつもの美容室、床屋さんなどに相談してみると自分に合ったものを教えてくれると思いますよ。

2. 枕を清潔にする

皆さんの枕は清潔ですか?普段使用している枕にも薄毛の原因が隠れています。寝ている間にかいた汗が枕に残り、雑菌が繁殖してしまうため、お風呂で頭皮を清潔にしても寝ている間に頭皮が雑菌だらけになってしまいます。通気性の良い枕を選び、また、枕カバーを清潔に保つために、3日に1度変えることをおすすめします。

3.頭皮マッサージ

マッサージをすることで頭皮の血流がよくなります。凝り固くなって溜まっていた頭皮の脂が絞り出るようになりますし、頭皮の奥の細胞にまで栄養、酸素が行き届くようになり、頭皮が元気になります。