アーカイブ

ユーメラニン

ユーメラニンとは?

体内で多く生成される色素「メラニン」の一種。
真性メラニンと呼ばれることもある。また、単に「メラニン」と書いてある場合はこのユーメラニンを意図していることも少なくない。

頭髪のメラニンは毛穴のメラノサイトで作られている。メラノサイトとはメラニンを産生する細胞のことである。メラニンはメラノソームという袋状の細胞小器官の中で生成され、メラノソームはメラノサイト内でのみ形成される。ユーメラニンは頭髪の色を黒色や褐色に変える性質を持っている。しかし加齢とともに減少する傾向があるため、ユーメラニンが減ることで白髪が増えると考えられている。

人種によってユーメラニンの含有量は異なるが、黒人がもつメラニンのほとんどがユーメラニンである。また、日本人の頭髪にも非常に多く含まれている。もっとも日本人同士で比較しても、その量にはかなりの個人差がある。

メラニンは、日常の思わぬ点で私たちを支えている。紫外線(UV)を浴びると、メラノサイトが一時的に、過剰にメラニン色素を生成する。なぜメラニン色素は生成されるのか。メラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、紫外線を少量浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすようになるからである。また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌などをひきおこしてしまう場合もある。メラニン色素は私たちの体を紫外線から守るという大切な働きをしているのである。

しかし、メラニンには欠点も存在する。先述のように、ユーメラニンの減少により毛髪の色が白く変化してしまうのだ。メラノサイトの働きが悪くなる原因は、過度のストレスやバランスの悪い食生活、睡眠不足などの悪い生活習慣であると言われている。健全な生活を送ることは、メラニン減少の抑制のみならず、心身の健康にもつながるであろう。

このように、メラニンはさまざまな立場・役割を通して私たちと深い関わりをもっているのである。
肩を組む世界の子供たちのイラスト

ヨウ素

ヨウ素とは? 

ヨード、沃度と呼ばれることもある。
ミネラルの一種で、現代人にとってはかなりありふれた種類である。「ヨードチンキ」やうがい薬の成分として、それから海藻類に豊富に含まれる成分としておなじみの存在となっている。

ヨウ素は、甲状腺ホルモンの材料になる成分のため、成長期には特に必須の成分となる。そのほかにも、タンパク質や脂質の退社の促進等の作用を持っていることで有名になった。

現在では、育毛を目指す上での効果や美しい頭髪を維持する際の貢献度が注目されている。そのためのサプリメント等がヒット商品となって久しい。
ただし、最近は過剰な摂取に警鐘を鳴らす識者が登場しており、適度な摂取を目標とすることが大事である。

薬物性脱毛症

薬物性脱毛症とは?

投与された薬物のためにもたらされる脱毛症を総称する言葉です。
副作用に脱毛が含まれる薬物といえば抗がん剤が非常に有名ですが、その他の薬物で発症する例もあります。

抗がん剤の場合は、細胞の分裂を妨げることでがんの活動を抑えようとします。毛母細胞もその効果の対象となるため、頭髪のほか全身の体毛も生えてこなくなります。

そしてがん以外でも、重症の疾患に用いられる強い薬の中には脱毛という副作用を持つ種類がたくさん存在します。

大きく2種類に分けられる薬剤性脱毛症

AGAの原因は男性ホルモンの働きだとされ、円形脱毛症の原因は免疫系の異常だとされているなど、脱毛症の多くには特有の原因があります。

一方、薬剤性脱毛症は薬の副作用によって引き起こされる脱毛症のことです。薬剤性脱毛症の特徴は、その原因や症状が幅広く、何が原因で抜け毛が起こっているのかを特定しづらい点です。そのため、抜け毛の原因が分からない場合はすぐさま医師に相談し、薬剤使用歴をきちんと共有することが大切です。そうして慎重な観察を行い、原因を特定することになります。

薬剤性脱毛症の症状を大きく2種類に分けると、“成長期脱毛症”か“休止期脱毛症”のどちらかに当てはまります。これらは成長期毛性脱毛症、休止期毛性脱毛症とも呼ばれます。以下、これら2種類の脱毛症の特徴をご紹介します。

 

薬剤性の成長期脱毛症
薬剤性脱毛症は成長期性のものと休止期性のものに分けられます。薬剤性の成長期脱毛症の中でよく知られているのは、抗腫瘍剤(抗がん剤)の投与や放射線治療によるものです。また、銅や水銀などの重金属、ヒ素、ホウ酸などの中毒になることによっても薬剤性の成長期脱毛症を発症する可能性があります。薬剤性の成長期脱毛症では、これらの原因により毛包が傷つけられ、成長期にある髪の毛が急速に抜け落ちます。抜け方はびまん性、つまり頭皮全体的にまんべんなく抜けていくことになります。脱毛症が進行すると、残る髪の毛のほとんどは休止期のものです。

抗腫瘍剤の中でもいくつかの種類があり、具体的にどのような作用で成長期の髪の毛が抜け落ちるのかが変わります。症状の現れ方にも違いがあり、脱毛と同時に頭皮の色素沈着がみられるケース、頭皮の乾燥を引き起こすケースなどがみられます。

また、抗腫瘍剤による成長期脱毛症では特定の細胞にアポトーシス、つまり細胞の死が起きていることが判明しているなど、そのメカニズムは徐々に明らかにされています。他には、抗腫瘍剤による成長期脱毛症では毛包の増殖が抑制されますが、新しい血管の増殖も抑制されることが分かっています。これにより考えられるのは、栄養が十分に行き渡らなくなることによる脱毛の加速です。

薬剤性の成長期脱毛症では、該当する薬剤の使用を中止することで急速な回復がみられることがあります。

薬剤性の休止期脱毛症

休止期脱毛症は、成長期の髪の毛が成長を抑制され、早期のうちに退行期・休止期に移行してしまう脱毛症です。薬剤性の休止期脱毛症は、高脂血症の治療薬やパーキンソン病の治療薬、抗うつ薬、抗てんかん薬、抗甲状腺薬、経口避妊薬、痛風治療薬などさまざまな薬剤がきっかけとなって起こります。また、ビタミンAの過剰摂取によっても同様の脱毛症になることがあります。

薬剤性の休止期脱毛症では、薬剤の投与を開始してから2カ月~4カ月ほどで脱毛の症状が現れます。成長期脱毛症と違ってすぐに症状が現れないのは、毛包が傷つけられて脱毛が起きるのではなく、休止期に入って抜け落ちるまでは髪の毛が頭皮に残るためです。薬剤性の休止期脱毛症を治すにはどの薬剤が原因かを特定し、服用を中止するか減量するかの対策を講じる必要がありますが、脱毛症の原因がなんらかの薬剤にあることが見逃されてしまうケースは多いとされています。そのため、飲んでいる薬はすべて医師に共有することが大切です。

また、薬剤性の休止期脱毛症の治療にはフィナステリドやミノキシジルが有効だとされています。これらはAGAに対して用いられる治療薬ですが、AGAと休止期脱毛症は「成長期が短くなって休止期の髪の毛が増える」点においては同じ病態を示しています。特にミノキシジルは、AGAに限らずさまざまな脱毛症の治療に有効だとされている薬です。なお、フィナステリドは男性にのみ効果のある薬で、女性は服用してはいけません。

養毛剤

養毛剤とは? 

現在は、頭皮や頭髪の保護を目的とした商品を指すことが多い言葉。
抜け毛を減らすことが目的に含まれる点では育毛剤と重なるが、栄養の補給やダメージの低下といった効果に限定される点が最大の特徴である。
保湿効果や血行を改善する効果や頭皮の皮脂やフケを減らす効果を持つ成分を含んでいる種類がよく売られている。

医薬品の指定を受けることはめったにないため、失われた頭髪が戻ってくるといった劇的な効果は期待できない。頭部全体に栄養分や潤い等を与えたい場合や頭髪の健康をキープしたい場合であれば、納得できる結果になる可能性は高まる。
かつては男性用の商品ばかりだったが、昨今は女性向けの養毛剤も数が増えている。

養毛

養毛とは? 

現在は、「頭髪・頭皮への栄養分の供給などをはじめとした、頭髪が申し分なく成長するように促す行動」という意味で使われる言葉。
または「頭髪・頭皮の健康維持のために実施する行為」などのニュアンスを伴うこともある。

以前は「育毛」「発毛」よりポピュラーな言葉だったが、最近は定義があいまいになってきており、薄毛や抜け毛の治療を専門とする医療機関ではあまり見かけない言葉となっている。
実際に、深刻な薄毛や抜け毛が進行している場合には、狭義の「養毛」では対応し切れない可能性が高い。

もっとも、頭皮への栄養供給のほか、頭皮の血流の促進・頭髪の保護・抜け毛の防止対策といったさまざまな行動が、「養毛」の一環で実施されているケースも珍しくない。
特に民間療法の場合は、養毛の定義がはっきりしなくなっている傾向がある。