アーカイブ

自毛植毛を検討すべき? つむじの薄毛について

「これは薄毛の初期症状なのでは…」と思いつつも、まだ大丈夫なはず。と自分で決めつけて症状を悪化させている方があとを絶ちません。

薄毛の傾向が見られたら早めに専門の医院を受診し、医師の判断を仰ぐべきなのは言うまでもありません。しかしながら、距離的な事情や仕事の都合で行けないという方もいらっしゃると思います。この記事ではあくまで目安としての薄毛の見分け方をご紹介します。今回は「頭頂部」についてです。

異常なしか、治療必須か、自毛植毛を検討すべきか。いくつかのタイプに分けられます。

 

普通のつむじと薄毛状態の違いについて

チェックすべきポイントは4つです。「頭皮の見え方」「つむじの位置」「髪の毛の太さ」「髪の質感」。順番に解説致します。

「頭皮の見え方」

正常なつむじは一カ所だけ頭皮が見える状態です。つむじ周りの頭皮が透けてきたら薄毛の初期症状です。

「つむじの位置」

つむじの位置が明確に分かれば問題無しです。周辺が薄くなることでつむじの位置が分かりづらくなっていたら薄毛のサインです。

「髪の毛の太さ」

頭頂部周辺の髪の毛の太さが周りと大差なければ正常です。薄毛と思われる箇所だけ髪の毛が細いのであれば症状が出てきていると判断できます。

「髪の質感」

こちらも周辺の髪の毛と特段変わりなければ問題無しです。つむじの髪の毛だけハリがなく妙に柔らかいといった状態ならば薄毛の症状が疑われます。

つむじが薄毛になる原因は?

AGA(男性型脱毛症)の症状で最も広く見られるのが、頭頂部と前頭部の薄毛です。男性で頭頂部が薄毛になってしまった方の多くはAGAだと思われます。原因は何なのか気になる所です。

しかし最初に断っておきますが、原因には個人差があるため、ここで決めつけることはできません。こういう傾向が多いという情報を記述しますが、参考程度にお考えください。

ストレス

過度なストレスが原因となり自律神経が乱れると、育毛に良くない影響が起こる可能性が高くなります。

自律神経の乱れは血行不良、睡眠の質の低下、食欲不振、体調不良の原因です。ストレスが強まると、アドレナリンが分泌されます。アドレナリンは活性酸素を増加させるといわれています。過度な活性酸素により体内機能が低下したり老化したりすることで、抜け毛に繋がる恐れがあります。

食生活の偏り

健康体を維持するため、まずは食生活を見直すというのは医療の常識です。偏った食生活は栄養の偏りを引き起こします。しょっぱいものばかり食べていたり、魚や野菜を食べていないという状態が体に良くないことは言うまでもないとおもいます。

髪の毛にも食生活は非常に重要で、髪の毛にとって欠かせないタンパク質を始めミネラル、ビタミン(コラーゲン、亜鉛、鉄、ビタミンC、ビタミンB群など)が不足し、脱毛を引き起こす恐れがあります。

栄養というものは足りないのはもちろんダメですが、摂りすぎも問題です。過度な筋トレやダイエットにより極端な食事制限のうえ、タンパク質のみを過剰に摂取するというのも考えものです。

遺伝

全てが解明されているわけではありませんがAGAの原因は遺伝の影響もあると言われています。特に「アンドロゲンレセプターの感受性」に関する遺伝子の影響があるのではないかと考えられています。しかし、この遺伝子を持っているから必ずつむじが薄くなるということではありません。

近親者に薄毛が多い場合は早い段階で自毛植毛を選択肢に入れたほうが良いでしょう。

 

まとめ

先ほど挙げた薄毛の原因に心当たりがある方は早めに何らかの対策をすべきでしょう。また薄毛の原因ですが、他にも飲酒・喫煙など様々な要素がございます。

そのため素人判断で決めつけるべきではありません。薄毛の兆候が見られましたら早めに専門のクリニックを受診するべきでしょう。

抜毛症

抜毛症は身近な病気
世の中には、抜毛症という病気があります。ふとした拍子に髪を抜いてしまう、ストレスからつい髪を触ってしまう人は、抜毛症である危険性があります。

また、抜毛症に悩んでいるのが子供の場合には、周囲のサポートが必要となることが多いです。
抜毛症がどういった病気なのか、改善するためにはどうしていけばいいのでしょうか。

抜毛症とは
抜毛症とは、何かの拍子に髪を抜きたくなったり、無意識に髪を抜きたくなったりする病気です。以前までは抜毛癖と呼ばれていましたが、最近になって病気として扱われるようになりました。

抜毛症の有病率は成人の1~2%で、100人に1~2人は抜毛症であるという計算です。おもに女性に多い症状で、その数は男性の10倍ほどです。

抜毛症の3つの特徴
抜毛症の主な特徴は次の3つです。

髪を抜いていると安心する
抜毛症の人はなんらかの不安を感じているときに、衝動的に髪を抜くことで気持ちを落ち着けようとする特徴があります。髪が抜ける感覚に心地良さを覚えて髪を抜く人もいます。

②髪を無意識に抜いている
抜毛癖のほとんどは手遊び感覚で髪を抜きますが、抜毛症の場合は不安から逃れる反応として、無意識に髪を抜く行為に及びます。

これは本人の意思と関係なく行なわれる行為なので、初期段階で自覚する人が少なく、大半は症状がかなり進行した状態で発覚します。

③髪を抜いた後に強く後悔する
髪を抜いてはいけないと理解していても無意識に繰り返し髪を抜くため、症状が収まった後に後悔する人が多いことが抜毛症の特徴です。

抜毛症による髪を抜く行為は、本人の意思による歯止めが利きづらく、見た目を大きく損なうほど髪を抜くのです。

また、髪の毛以外にもまつげや眉毛などを抜く人もおり、症状が悪化すると髪、眉毛、まつげがほとんどない状態になることもあります。

なお、抜毛症に悩む人の中には抜いた髪を食べる食毛症を合併する場合もあり、食べた髪が原因で腸閉塞や胃腸炎を引き起こすこともあります。

抜毛癖と抜毛症の違いについて知る

抜毛症の判断で難しいのは、単なる抜毛癖なのか抜毛症なのかという判断です。抜毛症の判断基準で重要なのは、社会活動や日常生活に支障がでているかどうかです。

毛を抜く行為がとめられず悪化して、社会活動や日常生活に支障がでているのであれば、抜毛症を疑ったほうがいいでしょう。

他にも、髪を抜きすぎて一部の髪が薄毛となるのも、抜毛症であると判断される基準のひとつです。部分的に不自然に薄毛になるため、隠そうと帽子をかぶるようになったり、さらには外出するのを避けるようになったりします。

抜毛症と併発しやすい皮膚むしり症

抜毛症は、皮膚むしり症と同時に発症することがあります。この皮膚むしり症は、皮膚をひっかいたり傷つけたりする癖が悪化した病気です。無意識にニキビを潰す場合も、この皮膚むしり症と扱われます。

抜毛症も皮膚むしり症も、おもな原因がストレスや不安であることと、なかなか自制が効かないことが共通しています。

抜毛症の治療は精神科、心療内科、脱毛症外来がある皮膚科などの診療科で受けられます。
抜毛症の治療の経過には個人差があります。治療を始めて1年以内で症状が軽くなるケースもあれば、20年以上症状が治まらないケースもあります。

なお、幼少期に抜毛症を発症した人は治療を始めると症状が緩和する傾向がありますが、青年期以降に発症した人は症状が治まりにくい傾向があります。

抜毛症は一人だけで悩んでいると、ついつい悪循環に陥りがちです。深く悩む前に、医師や家族に相談をしてみるといいでしょう。

多毛症

多毛症とは、毛が多く増えているようにみえる状態です。

一言で多毛症といっても、医学的にはいくつかの概念が含まれています。たとえば、胸や腕、口回りなど、通常でも毛がみられる部位において、年齢や性別の正常範囲を超えて毛が増えてみえる状態を指すことがあります(無性毛型多毛症)。その一方、女性において男性ホルモンの影響が色濃く出てしまい、男性のような毛の分布になってしまう状態を指すこともあります(男性型多毛症)。

多毛症は、体質的な要因で発症することがある一方、卵巣の異常、薬物の影響などが原因となって発症していることもあります。原因に病気が潜んでいる場合には、治すことが重要になってきます。

原因
原因はさまざまですが、生まれ持った体質が関連していることが多いです。

毛の発育は、男性ホルモンの影響が強く反映されるため、身体の中で病的に男性ホルモンが増える状態でも多毛症になります。

男性ホルモンの産生を過剰にする可能性のある病気として、多嚢胞性卵巣症候群、クッシング症候群、先天性副腎過形成、副腎腫瘍などを例として挙げることができます。また、薬剤(ステロイドや黄体ホルモン剤など)の影響を強く受けることもあります。

症状
多毛症は、もともと毛が生えている部位の毛が過剰になってしまうことがあります。さらに、女性が男性のような毛が生えてくることもあります。そのため、女性でも口まわりにヒゲや明らかな胸毛がみられるようになります。手や足の毛も男性のように濃くなり、陰毛の生え方も男性のように変化します。

女性における多毛症では、男性ホルモンの影響からさまざまな症状がでます。たとえば、声が低くなったり、脱毛がみられたりします。また、ニキビが増える、胸が小さくなる、筋肉が増える、陰核いんかくが大きくなる、などといった症状がみられる可能性もあります。生理不順に陥ることもあります。
そのほか、原因疾患によっては、肥満、高血圧、糖尿病、頭痛などさまざまな症状を随伴する可能性があります。

また、女性の場合は特に、多毛症を抱えることで精神的なストレスを感じることがあります。多毛症そのもので直接的に健康被害をもたらすことはありませんが、美容的な観点を考慮することは、精神的に健康な生活を送るためにも重要な点であるといえます。

治療

多毛症はまず婦人科・美容皮膚科・泌尿器科でホルモン検査を行い、特発性でない場合は原因である病気を特定するため専門の科でさらに検査を行います。

特発性多毛症やPCOSが原因である多毛症の場合は、まず食生活の改善と運動習慣を身につけるなど、ライフスタイルの改善で多毛の原因であるホルモンバランスの乱れを整えます。

症状によって、医師の判断で薬物療法や外科的治療も行う場合もありますし、多毛症の原因がなんらかの病気の場合はその治療を行います。
多毛症はなんらかの病気のサインの可能性もあるため、早急に婦人科か皮膚科、または泌尿器科などの医療機関で検査を受けることをおすすめします。

 

テストステロン(TH)

テストステロン(TH)とは?

男性ホルモンの90%以上を占める成分。一般的に男性ホルモンというとテストステロンを指していることも多い。女性の体内でも分泌されるがその割合は男性の5~10%といわれている。

男性の体内においては、一生を通して多大な影響を及ぼす。思春期においては、ひげや体毛の発毛、あるいは骨や筋肉の成育を促す役割を果たす。

テストステロンは思春期~20代の間に最も活発に分泌され、その後の生涯においても分泌され続けるものである。しかしピークから、その分泌量が減少していくとある問題が発生し、身体を不調へと導く。
それが、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生である。前頭部や頭頂部によく分泌される酵素「5αリダクターゼ(5α-reductase)TypeII」はテストステロンに働きかけてジヒドロテストステロンを生成する作用がある。ジヒドロテストステロンが増えると男性型脱毛症(AGA)を進行させてしまう。
頭髪の悩みを解決する際は、テストステロンの働きを調整することを考える必要がある。

低出力レーザー機

低出力レーザー機とは? 

育毛を実施するために市販されている器具。
かつては育毛サロン等でのみ利用可能だったが、最近は家庭用のよりコンパクトな商品が流通している。費用を第一に考える場合、育毛サロン等に通いながら利用するよりは購入したほうが安上りになる可能性が高いことは事実である。

低出力レーザ

低出力レーザ

安全性

高出力のレーザーを浴びてしまう危険がないため、安全性が約束されている。ただし効果について国内では、医学的な裏付けが存在するわけではない。
レーザーを照射することで、頭皮の血行を促進したり、毛母細胞を活性化したりする効果があると考えられているものの、植毛手術等と違って結果には大きな個人差が生じることを承知の上で購入する必要がある。

効果

日本で唯一毛髪再生の研究を行う大阪大学の研究室が海外で低出力レーザーの育毛効果が認可されたことを踏まえ、他の可視光線でも育毛効果が期待できるのではないかとの研究をはじめた
低出力レーザー育毛器のFDA(米国食品医薬局)が認可するまでの治験や臨床とそれを元に大阪大学の赤色LEDの育毛促進作用の研究
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n193293

海外の臨床試験

日本の赤色LEDを用いた研究はまだマウス程度だが、海外の低出力レーザーはミノキシジルやプロペシアの育毛医薬品だけではなく、一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)も行われた。

低出力レーザーの育毛効果が一部の国の保健省によって、ミノキシジルやプロペシアと同様の治験や臨床を経て、育毛効果が確認されている事もある。酷似する商品説明をする低出力レーザーのメーカーが複数ありそれを見ると原産国や他の国で特許申請中と宣伝をされていたり、日本でISO9001を取得という低出力レーザーもあるが、ISO9001は品質管理に対して与えられる証明であり効果を確認して証明になるものではない。

低出力レーザーによる育毛はミノキシジルやプロペシアといった医療成分についで育毛効果を米国食品医薬局(FDA)によって検証され承認された。その際、FDAが定める効果や安全性においても薬の承認と同様にダブルブラインドテストやFDAが認定した複数の医療施設において実際に使用され、効果なども確認されている。

ATPの増加

テストステロンやDHTを減少させても育毛につながる訳ではないとこの10年ほどの研究が理解されるようになり、日本でもATPの増加を図る育毛剤が開発などをされるようになり、低出力レーザーはATPの生成が活発化することが海外の治験や臨床で確認されたとしているが、具体的な実例が少ないので今後国内での治験結果を待ちたい。

ダイレクト法(i-direct法)

ダイレクト法とは? 

時代の最先端を行く植毛方法のひとつ。i-direct法と表記されることもある。

FUE(フォーキュラー・ユニット・エクストラクション)を全面的に取り入れている点が最大の持ち味である。このため、頭皮に傷痕を残さずに済むというメリットを期待できる。
また、頭皮が良好な状態で移植できるため、定着率も自然と高まる。限りあるドナーにダメージを与えてしまうリスクを回避できる確率も高い。

欠点があるとすれば、この方法をリクエストできる医療機関がまだきわめて少ないことである。
しかし、生え際のような目立つ部分を美しく仕上げたいときもおおいに役立つため、時間がかかっても利用する価値はじゅうぶんにあるといえる。

チロシナーゼ

チロシナーゼとは? 

メラニン色素を生成する役割を果たす色素細胞(メラノサイト)が持つ酸化酵素の名称。
「チロシン」というアミノ酸を酸化させてメラニンの生成を促すため、「チロシン酸化酵素」と表記されることもある。

頭髪においては、加齢すると徐々にチロシナーゼが減少する。そのため白髪が徐々に増加していく。
ただし栄養不足や過度な疲労、ストレス等が原因で減少につながることもある。したがって、まだ若いうちから白髪が目立つケースもじゅうぶんに考えられる。

チロシナーゼは頭髪のほか皮膚にも存在するため、美容に関心の深い女性の間ではとても知名度が高い。近年は、美白を目指すための化粧品にはチロシナーゼを抑制するための成分が配合されることが増えている。

中毒性脱毛症

中毒性脱毛症とは? 

精神面や身体面での負荷(ストレス)が極端に激しいときに発症する脱毛症。

重病で体力が衰弱しているときや、その治療過程で、効き目と副作用が強くて負担が大きい薬の投与や難易度の高い手術が発生したときによく報告されている。
激しいダイエットの直後、または妊娠・出産の際に発症した例もある。

ストレスが最大の引き金だと考えられており、実際にストレスの原因がなくなると自然と回復に向かう性質がある。
そのため、本格的な発毛や育毛、植毛といった手段に頼る必要はないと考えてよい。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、頭皮を揉みほぐすことで血流の良い「健康な頭皮」を目指す方法です。

頭皮の血行が良くなると、

  • 抜け毛の予防
  • 発毛促進

など、薄毛改善に役立つ効果が期待できます。

髪にはしっかりとした太い毛根ができる「成長期」、毛根が退化していく「退行期」「休止期」を経て抜け落ち、再び成長が始まるというサイクルがあります。

しかし、これがうまくいかなくなると太く育つための「成長期」を途中で終えてしまい、「退行期」「休止期」にすぐに入ってしまうのです。
そのため、太い髪が減ってスカスカに見えてしまう上、だんだんと毛が生える土台が痩せてしまうのが”薄毛”の正体です。

刺激を与えると「髪を生やせ!」という命令が発信される

マッサージで血行が良くなると、髪にも栄養が行きわたって良くなり「血行促進=発毛効果」があると言えます。
その為、頭皮を刺激することは、髪の発毛につながるのです。

また、育毛効果だけではなく「リラックス効果」や「デトックス効果」、「疲労回復」など健康に役立つ効果がたくさんあります。

頭皮マッサージの効果

●頭皮へのマッサージの効果

頭皮をマッサージすることの役割は、血行を良くし、抜け毛予防のために、健康な頭皮を作っていくのが目的です。また、日々の生活で毛穴に老廃物や皮脂による汚れが溜まってしまいます。そこで、マッサージをすることにより血行や代謝が良くなり、改善されやすくなります。

●アンチエイジングに効果的!?

頭皮マッサージはアンチエイジングに効果があるんです! この詳細は、皆さん気になることと思います。実は、頭皮の筋肉と顔の筋肉はつながっていて、頭皮マッサージをすることにより、頭皮の筋肉に弾力ができ、一時的に顔の皮膚を引っ張ってくれるのです。そのため頭皮マッサージをした後は目がぱっちりする人が多いです。

●白髪の原因は頭皮の血行不良

髪の毛の色を作る色素をメラニンといいます。このメラニンを作っているのが、メラノサイトという細胞です。このメラノサイトの機能が低下してしまうと、メラニンが作られず、髪が白いまま生えてきてしまうのです。メラノサイトの機能低下の原因のひとつは加齢によるものです。

ですので、頭皮マッサージで血行を良くし、代謝をあげることも良いでしょう。また、アンチエイジングに効果的な食べ物を積極的に摂取することも大切です。

良質なたんぱく質と良質な脂肪、新鮮な野菜や果物を意識して摂りましょう。色の濃い野菜や果物には強力な抗酸化物質が含まれ、アンチエイジングに効果的です。

●頭皮マッサージで胃腸の働きを整えよう!

頭皮マッサージの効果をいくつかお話ししましたが、他にも、胃腸の働きを整えるという効果もあります。胃腸の働きが衰えると、どんなに栄養を摂っていても、消化吸収が悪くなり、栄養を身体に生かせません。そのため、メラニンを破壊してしまうという現象が起こります。原因は不規則な生活やストレスです。

そこで、頭皮マッサージをすることにより、頭の血液の循環をよくし、自律神経を整えます。よって胃腸の働きだけではなく、身体全体に効果があることがわかります。

など、様々な効果が期待できます。

頭皮マッサージのポイント

①過激なマッサージはNG!

頭皮はとても薄くデリケートな部位です。

頭皮に強い刺激を与えると、「皮下組織」や、「表皮の角質層」の細胞を傷つけてしまう恐れがあり、頭皮のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れる原因になってしまいます。

頭皮マッサージをするときには、

  • 強く押さない
  • 強くこすらない

に注意しながら、やさしく揉む・押すことを意識しましょう。

特に、薄毛が進行している人は、血行不良によって頭皮が硬くて薄くなっている可能性が高いので、過度な刺激を与えないように細心の注意を払いましょう。

②なるべく毎日続ける

頭皮マッサージは1日2~3分でできるお手軽な育毛方法です。

しかし、毎日続けてもなかなか頭皮マッサージの効果が実感できずにすぐにやめてしまう方がいますが頭皮マッサージは、続けることで頭皮環境の改善を目指す行為です。

続ければ続けるほど頭皮環境が良くなり、効果を実感しやすくなりますので、なるべく毎日続けましょう。

 

定着率

定着率とは? 

植毛手術において、手術を行った箇所に頭皮・頭髪が無事に順応する確率を指す言葉(「生着率」と表す場合もある)。
原則、自毛植毛の場合に頻出する言葉である(人工毛植毛の場合は、一定期間が経過すると抜け落ちる性質があるため)。

現在は技術が進歩しているため、先進的な技術を導入している医療機関で手術を受ければ、90%以上といったきわめて高い定着率が予期される。

自毛植毛の場合、手術後に一時的に脱毛するというプロセスが発生するため、実際に生えそろうまでに数ヶ月の期間を要する(1年近い歳月がかかることも珍しくない)。
したがって、それまでの間頭髪のケアを患者自身が怠らないことが、定着率上昇のために必要である。