よくあるご質問 |自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • 自毛植毛アスク井上クリニックFacebook
MENU
close
  • 無料カウンセリング簡単予約
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 院長コラム
  • 事務長ブログ
  • スタッフ 植毛の 医師・看護師・カウンセラー求人 採用情報
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

よくあるご質問

薄毛について

Question

AGAとはどんなものですか?

Answer

AGAとは、Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症の略称になります。
20代~50代の男性薄毛の最も多い原因と考えられ、年齢と共に発症頻度が高くなります。
ただ、10代ではAGAの発症は無いように思われていますが、私の経験ですと大人になって受診された方の15歳前後で薄毛の発症を感じており、10代前でも発症があるとの統計もあります。
男性だけでなく女性にも起こりますが、女性は、局部ではなく全体的に薄くなることが特徴です。

Question

増毛を考えていますが、注意すべきことはありますか?

Answer

増毛というのは、人工毛を自分の髪に人の手で結んでいく方法であるかと思われます。
メリットとしては、比較的短い時間で手軽に髪の毛が増えた状態を体験できることです。
デメリットは、結びつけた髪が成長した際に全体が浮き上がったような違和感が生まれてしまうこと。
これを解消するためには、定期的なメンテナンスが継続的に必要となるため、手間と費用が膨大なものとなることが考えられます。
当然、人工毛を結び付けている髪の毛にもストレスがかるため、髪の健康を考えた場合は、おススメできません。逆に長期的な目的で増毛を考えるなら、別の方法を選択すべきだと思います。

Question

生まれつき額が広く悩んでいます。脱毛症でおでこが広くなったわけではないのですが、元々髪の毛が生えていなかった部分への植毛は可能なのでしょうか?

Answer

移植する部位により移植毛の多少の生着率の違いや成長期の長さの違いはありますが、基本的にどの部分にでも植毛は可能です。ですから、おでこへの植毛も全く問題ありません。
ただし、不自然になってしまうことは多少注意が必要です。
これまで他院で受けたおでこへの植毛で、その仕上がりがとても不自然に見えるケースを多々見てきました。その不自然な仕上がりの一番の原因はデザインです。
生え際の科学的ルールを知らずに移植したために起こっているのです。
第二の原因は植毛に共通したもの、つまり生えてくる毛は生え際としてはやや太く、しかも多少くせ毛なのです。
当院ではこのような額などへの植毛の際は、できるだけ産毛のような細い毛髪を選択・移植しています。こうすることで、より自然なおでこ、額のラインを作り出すことができます。
また、ごく稀ですがリッジという傷跡の盛り上がりを生じることがあります。これら第二の原因は現在完全に無くすことはできませんが、慎重な手術により満足のいくレベルにすることができます。

Question

30代の女性なのですが、最近分け目が薄くなってきています。女性でも男性のように薄毛になるのでしょうか?

Answer

これまでは女性の薄毛というと40、50代以降の方が多かったのですが、最近は20、30代の女性の方が薄毛の悩みのご相談に来院されています。
分け目の薄毛や全体が薄いなど女性の薄毛の原因のほとんどが「びまん性脱毛症」といわれるもので、このびまん性脱毛症は加齢による薄毛の症状です。
加齢によるホルモンバランスの乱れにより、女性ホルモンよりも男性ホルモンが強くなったことで引き起こされると言われています。
ただ、20、30代の女性の方の薄毛の原因としては、過度なダイエットなどで引き起こされることが多く、ストレスにより自律神経のバランスを崩したり、睡眠不足などでも同じように脱毛を引き起こしてしまうと言われています。
また、分け目の薄毛の原因としてもう一つ考えられるのが「牽引性脱毛症」のような、同じ分け目を継続しているとその部分に負担がかかってしまい徐々に髪の毛が抜けて薄くなってしまうということもあります。
ですから、そうしたことを予防するためにも少しずつ分け目を変えたり、食生活の改善やストレスの軽減を考えて改善していくことが重要になります。
こうした女性の薄毛治療には自毛植毛手術はもちろん、成長因子を使ったグロースファクター療法などが可能です。

Question

「睡眠」が髪の毛や頭皮に影響することを教えてください。

Answer

睡眠時に分泌される成長ホルモンが髪の毛や頭皮環境には大切な要素です。
睡眠が不足した状態では、自律神経も過敏になって、さらには疲労物質やストレス物質が十分に取り除けていない状態です。
また成長ホルモンの減少は成長促進因子の減少、免疫機能の低下ですし、自律神経や疲労ストレス物質は成長抑制因子を増やすため、頭皮環境は悪く髪が成長し続けにくくなり、薄毛が促進される悪影響の一つと考えることができますので、『寝不足』には十分にお気をつけください。

その他のご質問

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る