「植毛」という自信が、仕事にも人間関係にも良好をもたらしてくれる。|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

体験談

「植毛」という自信が、仕事にも人間関係にも良好をもたらしてくれる。

神奈川県横浜市 男性 治療部位:頭頂部

1.植毛を決めたきっかけを教えてください。

3人兄弟の一番下で、上2人の姉の影響もあり、小さいころから、洋服やお化粧に興味を持っていました。 とはいえ、別に性の不一致を感じていたわけでもなく、しゃべり方もオネエ言葉というわけでもありません。 女性の多い家族に育ったため、女性の気持ちがわかるからか、学生時代はモテて、何人かと普通に付き合いました。 ただ、子供の頃の姉たちの影響と、元来手先が器用で、自分の髪をアレンジすることも好きだったせいか、高校卒業後の進路は、 美容師になると決めていて、大学への進学は、一切頭になく、迷わず美容師専門学校へ通いました。
専門学校では、特に苦労した記憶もなく、適正があったのか、資格試験も1回でクリアし、大きな美容室グループへの就職もすんなり決まりました。
就職してからも順調で、人間関係にも恵まれ、2~3年は下済みと覚悟していましたが、すぐに責任者に選ばれ、3年目には店舗の副店長を任され、5年目には新規店舗の店長をまかされるまでになりました。 そんな調子で順風満帆に過ごしていましたが、20代の後半になり、一気に仕事がやりづらくなりました。理由は、急に髪が薄くなり始めたからです。 今から思えば、原因は、喫煙や遅くまで仕事をした後の飲酒、仕事柄、髪色や髪形を頻繁に変えていたことが、髪に対して大きなストレスになっていたのかもしれません。 それほど意識していたつもりはありませんが、新規店舗の店長という責任も間違いなくプレッシャーになっていたはずです。そんな様々な原因が絡み合い、薄毛がどんどん進行していきました。
はじめは、あえて短くして、茶色や銀髪にするなど髪形やセットやり方で目立たなくしていましたが、そのうちにそれでは、対処できないほど薄毛が進行してしまいました。 もしかしたら、自分から薄毛をネタにしてしまえばよかったのかもしれませんが、そんなことが出来なかったこともあり、 店内では私の薄毛は触れてはいけないタブーのようなものになってしまい、私とスタッフとの間に目に見えないバリアーが張られた感じがしました。
「これは、どうにかしなければ」そう思い、まず、薄毛治療の専門クリニックを受診しました。そこでは、プロペシアを処方され、 薄毛の進行は無事に収まった気がしたのですが、薄くなってしまった部分はほとんど、戻らないように思えました。そのことを先生に相談するともっと薬の濃度をあげるしかないと言われてしましました。
しかし、この方法しかないのか、本当に他の方法はないのかということが気になりました。
実は、プロペシアを使いはじめて、夜の元気がなくなってきて、EDの傾向があるように感じていたからです。 気になってインターネットで薬を調べるとEDの可能性や心臓への負担、うつの可能性等のデメリットが掲載されていました。 さらに強い薬となれば、今まで以上にその傾向が強くなるかもしれません。 バイアグラを処方してもらえば良いかとも考えましたが、パーマ液も強いものは、デメリットが大きいということを肌で感じていますので、強い薬を服用し続けなくてはいけないことは、 あまりやりたくないと思いました。
そういうわけで、大きな改善が見込める植毛手術を選択しました。

2.植毛手術を受けてどうでしたか?

実は、前から植毛手術は知っていました。お客様の中に以前、手術を受けた方がいたからです。
しかし、はじめから植毛手術を選ばなかったのは、手術を受けた方の後頭部に大きな一直線の傷があったこと、しばらくは、その傷の痛みで眠れなかった話を聞いていたからです。 植毛手術の結果は見事で、手術を受けて良かったと話されていましたが、強烈なマイナスイメージがあり、出来れば受けたくないと考えてしまっていました。
だから、改めて現在の植毛手術を調べて本当に驚きました。私が見た手術は、一昔前の方法で、今はほとんど薦められていなかったからです。 さらに井上先生のところでは、植毛手術のために髪の毛をカットする必要もない方法もあり、いつの間にこんなに進歩したのかと思いました。
手術も通常の2日休みにプラスして1日休みをとっただけですんだこともびっくりしました。実際、プラス1日というのも痛みが出て仕事にならないといけないと考え、 休みをとったのですが、手術の当日の夜に少し気になったくらいで翌日は、特に気にしていなかったように思います。今では髪もしっかり生えそろい、 美容室のスタッフも逆に当時のことを冗談として話してくれます。
美容師という職業は、髪の専門家で、髪については何でもしっているつもりでいましたが、 アスク井上クリニックの植毛手術は、ここまで進んでいるのかと驚きの連続でした。
もし、同じ悩みを抱えている方がいらしたら、最先端の植毛手術を教えてあげたいと思います。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る