時代が変われば「植毛の悩み」も変わる!|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

体験談

時代が変われば「植毛の悩み」も変わる!

愛知県名古屋市 男性 治癒部位:頭頂部分

1.植毛を決めたきっかけを教えてください。

私は、広告関連、デザインの仕事をしています。もともとは、写植会社を経営しておりましたが、 アップルのマッキントッシュが、広告デザインの現場で一般化したことで、それまで安定的だった写植の仕事が急激に減り、 あっという間に会社が傾いてしまいました。堅調な経営で、新しい書体を積極的に取り入れていた同業社は、 融資の返済が滞り次々と倒産になりましたが、私は、無借金経営を基本としていたため、写植機を早々に手放し、 手持ちの資金が十分なうちに従業員に退職金を払い、事務所を移転し、私ひとりでマッキントッシュのデザイナーとして、出直しました。
今から思えば、その判断が良かったのか、何とか零細企業としてですが、今も仕事をさせていただいております。 ただ、その時、時代が移り変わるとは、これほどドラスティックなことなのかと心の底から感じました。今までの常識が、 全く通用せず、根本から変わってしまう。そういうことなのだと。 何故、このようなお話しをしたかと言えば、私自信、自毛植毛とは、そのようなものだと感じたからです。
初めて、自毛植毛手術を知ったのは、広告の仕事でした。知り合いの広告代理店から、雑誌に掲載するため、 ある植毛クリニックの広告を作成する依頼を受けたからです。
広告を作成するため、内部資料を渡され、じっくり見たのですが、何枚もの手術前と手術後の資料画像をみると、 全く別人と言ってよいほど、薄毛が改善されていました。広告代理店の担当に「これは、なんか合成してあるの?」とうがった質問をすると、 「補正とかは一切してないですよ」と言われ、担当はモニターが実際に行っている手術映像も見たせいか、自分が薄毛を気にしているなら、 この手術を絶対に受けると力説していました。
薄毛を気にしていることを担当は知っていたので、私がもし興味があるなら、先生を紹介すると言ってくれたのですが、 流石に恥ずかしい気がして、丁重に申し出を断りました。しかし、資料を見てからというもの、植毛手術が気になりました。 時間を見ては、ネットで植毛クリニックを検索したり、植毛手術についてのサイトを見たりしていました。 そして、あちこち色々調べた結果、これは薄毛業界で大革命が起こったに違いないという結論にいたり、自分で名医を探し、 手術を受けることにしました。

2.植毛手術を受けてどうでしたか?

週末に時間を取り、手術を受けました。土曜日の午前中にクリニックに訪れ、夕方には、自分で自宅に帰りました。 特に手術中の記憶はないのですが、痛み止め等ももらいましたが、夜も特に大きな痛みを感じることもありませんでしたし、 月曜日には、いつも通り仕事を行っていました。やってみると本当にあっけないくらいものでしたが、薄毛の悩みが小さくなるのだから、 大したものだと考えないわけにはいきません。実際に今の自分を鏡でみるとフサフサというわけではありませんが、年相応であると感じています。
2017年2月10日に大手カツラメーカーの上場が廃止になりました。新聞記事を読むとかつら業界では、低価格品が台頭し、 高価格品のかつら中心に取り扱う会社が販売不振で業績悪化に陥ったと書いてありました。しかし本当は、 高級かつらを使用していた層が「どうせお金を使うなら、植毛手術を受ける」ということになっているのではないかと思っています。 そう考えると私が以前体験した写植業界と同じように薄毛業界!?にもパラダイムシフトが起こっているのかもしれません。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る