植毛はやれば終わりで、わずらわしさがないのがいい。|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

体験談

植毛はやれば終わりで、わずらわしさがないのがいい。

長野県中野市 男性 治癒部位:頭頂部

植毛を決めたきっかけを教えてください。

高校時代の写真を見るとむしろ毛量は多い方であったと思う。20代の頃、髪を短く切った写真を見返しても硬そうな髪が勢いよく生えている。30代も変化なく、同僚と比べても薄毛の心配など一切なかった。なのに40歳を越えると恐ろしい勢いでハゲの波がやってきた。この何年かで目を疑うほど薄くなり、3年かぶりにあった同僚が挨拶をする前に一瞬言葉を詰まらせたほどだ。その時は、正直ひどく傷ついた。あるときには、何にも思わなくても、失ってわかるものが本当にある。

すぐに薄着治療のクリニックに行くとAGAと診断され、薬剤中心の治療を開始した。効果は覿面で、少しずつ薄毛が持ち直した。これは良かったと自分の使っている薬品のことをネットで検索していたら、気になることが書いてあった。

それは、ズバリ薬の副作用について。プロペシアの副作用は、頭痛や腹痛、下痢や眠気といった医薬品によく見られる副作用の他に、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用。また、「性機能障害=男性機能の低下」、つまり、EDの危険性があるというもの。『これは、プロペシアで何故AGAが予防できるかを考えればわかる。AGA(男性型脱毛症)は、メカニズムを詳しく説明すると解明されていない部分も多いそうで、かなり難しいのだが、簡単に言えば、その名のイメージ通り男性ホルモンが大きく影響する。ならば、その影響を抑えられれば、抜け毛が減るだろうというアイデアで作られている。実際、効果もあるわけだが、男性ホルモンの抑制、イコール性欲の減退、EDの可能性の拡大という図式も同時に成立してしまう。』 これを読むまでは、特に意識しなかったのだが、言われてみれば、自分自身、元気が無くなっている。

薄毛も嫌だが、EDも嫌だ。考えすぎなのだろうが、少し鬱気味でさえする。また、真偽は定かではないが、胸が膨らんでくるなど、女性化が進むなど書いてあるものもあり、いくら薄毛が改善できるからと言って、強いものを単純に使い続ければよいというものでないと気が付いた。

また、強い薬をずっと使い続ければ、内臓に負担がかかることだって考えられる。いくら髪が生えてこようば、身体を壊してしまっては、元も子もない。それではと別の方法はないものかと考えた。いくつか候補はあったが結局、植毛しかないという結論になった。

理由は、今さらカツラはない。ピンポイント増毛も考えたが、髪に悪く定期的なメンテナンスを考えると割高。そうなると、はじめに費用はかかるものの、自分の毛が生えてくる植毛が現時点のベストではないかと思えた。植毛はやれば終わりで、定期的に張り替えたり、作り変えたりするわずらわしさがないのがいい。

クリニックを決めた決定打は何ですか?

最終的に実際にクリニックに足を運び、カウンセラーと話してから、先生のお話しを聞いて手術を決断した。しかし、クリニックに行く前に井上先生が施術するなら、是非お願いしようと考えていた。それは、井上先生自身のブログで薬剤についての危険性をしっかり記されていたからだ・・・。

前述したようにはじめ薬剤で治療をしていたが、その時、副作用について説明された記憶がない。もしかしたら、話されていたのかもしれないが、しっかり危険性を話されたという認識はなかった。薬剤である以上、副作用の危険性があることは、言わずもがななのかもしれないが、デメリットもしっかり伝えられていれば、ネットを見て動揺することもなかったわけだ。

井上先生のブログを読むと薬剤についての基本的な考え方が示されていて、メリット、デメリットを患者に伝える姿勢がうかがえる。そういう真摯な姿勢をお持ちの先生なら間違いないはずだと考えたわけだ。実際にお話しをしてもその印象は変わることはなかった。

術後の経過経を教えてください

先生とお話しした2カ月後、手術も丁寧に行って頂き、大きなトラブルもなく無事終了した。移植した髪が抜けることもあったが、しっかり生えかわり、手術後、半年を過ぎると明らかに依然と比べボリュームが出てきた。なにより嬉しいのは、鏡を見るときはもちろんだが、髪の触り心地が格段とよくなったことだ。髪をセットするとき、髪を洗う時、当然髪に触れるわけだが、以前から、どうしても薄いところや生え際を指でたしかめていた。だから、頭皮から、髪への移行部分の触り心地が明らかに変わったことがわかり、本当にうれしかった。現在、念のため薬剤も使用しているが、以前と比べ、大きく量を減らしている。おかげで、自分自身も随分元気になり、本当に良かったと思う。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る