《自毛植毛》に出会って生き方が変わりました|植毛・自毛植毛アスク井上クリニック

  • LINE
  • Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング 簡単予約
お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

体験談

《自毛植毛》に出会って生き方が変わりました

栃木県宇都宮市 男性 治癒部位:生え際がM字

35歳を過ぎる頃から急激に生え際の髪が後退し始め、40歳には明らかに髪の毛が薄い中年になっていました。

若いころはどちらかというとサラサラヘアの爽やかな雰囲気で、自分でいうのも何ですが女性にはモテていました。
それが30を超える頃から何となくサラサラヘアが薄くなり始め、35歳には明らかに後退していました。

生え際がM字に禿げ上がってきたときは、「とうとう来たか!」という感じでした。というのも、私の父親も祖父も生え際から禿げあがった薄毛のタイプでしたから、間違いなく将来は自分も・・・という覚悟があったんです。
《薄毛は遺伝する》そんな記事を新聞で見ていたこともあり、自分では覚悟を決めていたのですが、いざ本当に自分自身の髪が後退し始めると本当に憂鬱になり、服装や生活などいろんなことが消極的になっていったんです。

そんな悩みは40歳を超えて更に増していき、あれほど好きだったサーフィンやダイビングなど、外に出かけることが減っていきまったくつまらない生活を送っていたんです。
周りは「年相応だからいいんじゃないの?気にしすぎだよ」と慰めてくれていましたが、自分にとっては本当に憂鬱になるくらいの悩みになっていたんです。そんな時に出会ったのが《自毛植毛》でした。

キッカケはあるタレントのネッ上での噂でした。「タレントの○○は植毛」という噂が出ていたんです。
当時の私はこの「植毛」なんてまったくといっていいほど知りませんでした。
確かにそのタレントさんは、以前は生え際とか後退していたんですが、明らかに増えていたんです。だから自分でも興味が出てきたんです、この「植毛」に。
ネットで検索するといろんな情報が出てきて、植毛にも2種類、人工毛によるものと自分の髪の毛を使うもの、自分の髪の毛を使う植毛にも種類があり、メスを使う手術とメスを使わない手術等、調べると本当にいろんな情報が出てきたんです。

最初のうちは「手術」ということで、この選択肢は無いかなと思っていました。これまで手術という手術は受けたことはありませんでしたから、メスとか麻酔とか書いてあるのを見ると躊躇したんです。
そんなこともあって、最初は植毛の手術は怖いという理由で治療を選択するには至りませんでした。
それでも私の薄毛の悩みは無くなることはなく、相変わらず全てにおいて消極的な生活を送っていました。
そんな時に偶然出会ったのが自毛植毛体験者だったのです。
その方は仕事で出会った方で、年齢的にほぼ私と同じくらいの方でした。ただ私と違うのが、若々しくいつも活動的に見えていたところでした。
その方はなんと自毛植毛の体験者だったのです。
何かの話のキッカケで、つい私がM字ハゲで悩んでいることをしゃべったんです。するとその方が「私も同じように悩んでいたから分かる」というようなことになったんです。

「えっ!?」

実はということになり、その方は3年前にこの《自毛植毛》の手術を受けていたんです。
それはもうびっくりしました。 手術を受けていたということよりも、その方の生え際の髪の毛に驚いてしまったんです。
《全然分からない、とにかく自然な生え際》
それに《黒々とした髪の毛》だったんです。

私が《自毛植毛》の手術を受けるキッカケがこの出会いでした。
その方が自毛植毛の手術を受けたクリニックを紹介してもらい、電話で問い合わせしたところ、その方の執刀医は既に辞めていらっしゃいませんでした。
その方の紹介でしたので、同じ先生に相談したいと思っていましたので、その先生をインターネットで調べてみたんです。

それがこちらのアスク井上クリニックの井上先生でした。
ご自身のクリニックを開院されたとのことで、早速クリニックへ電話で相談をしました。

カウンセリングでは井上先生が丁寧に分かりやすく自毛植毛の手術について説明していただき、ほとんど何も知らなかった私も良く理解ができました。
もう手術が怖いとか不安というものより、この《自毛植毛》の手術を受けたら自分もあのように髪の毛が生えてくるのかな?という期待ばかり先行していました。

手術はカウンセリングから3週間後、仕事の都合をつけ3日間の休みが取れた日程に合わせてもらいました。
怖がりの私でしたが、手術は麻酔のせいかほとんど寝ていて、あんまり記憶がないんです。確かに頭部に麻酔の注射をされたときは「チクッ!」としましたが、その後は寝ていたので覚えていません。
「あと何分くらいで終わりますよ」という女性(看護師の方)の声で目が覚めて、クリニックで少し休んだあと帰宅しました。 帰りは普通に電車に乗って帰りました。

髪の毛が生えてきたかな?という実感は手術後10日目くらいにはありました。
植えたところを触ると明らかにチクチクと髪の毛の生えている感覚が感じ取れたのです。
手術後の洗髪方法とか、クリニックでレクチャーを受けていたとはいえ、折角植毛したのに洗髪して抜け落ちたらという不安もあり、手術後の洗髪は気を付けて行いましたから、この触った時のチクチクした感じは本当に嬉しかったですね。
「早く生えてこい、早く生えてこい」
毎日呪文を唱えるように鏡に向かって生え際を触る私に女房が
「本当に生えてくるといいね」と半分呆れた顔で見ていました。

今ではそんな女房が一番驚いているようです。
もうじき手術を受けて1年になりますが、あのM字に禿げ上がっていたのがウソのようにビッチリと生えているんです。
私に植毛を決心させてくれたあの方と同じように、自然でそれもとてもボリューム感があって・・・。まさに20代のころの髪の毛の量になっているんです。
髪の毛があると違うんですね、毎日の気分とか、モチュベーションとか自分の中に変化があったことが分かります。

《自毛植毛》に出会うことができて本当に良かったと思います。
生き方が変わるってホントにあるんですね。

どんな悩みでもお答えします
トップへ戻る