タグ別アーカイブ: NPA

ネイプヘアは使えるか 2 — 追)高密度移植の材料として

高密度移植(80株/cm²)が可能な方は、皮脂が少なく、傷の治りに問題がなく、皮膚が健康な状態であることは必要条件です。これがないと、この高密度 移植、ニードルやマイクロスリットを使ってもリッジという盛り上がった傷跡を作りやすく、これが生着不良の原因ともなり、反ってスカスカになることがあり ます。このようなリスクの説明と条件が整ったときに、そして希望があったときに行いますが、そこで使う材料こそネイプヘアです。これをトリミング、場合によっては更に株分けして、とてもスキニーな株をつくり、これを針穴に入れていきます。ただし、現在ネイプヘアや体毛をほぼ損傷なく採取できるのはi-SAFEのみかもしれません。

Ashampoo_Snap_2016.05.19_17h48m13s_0202_
生え際丸く、額を狭く、M字こめかみ部分がネイプヘア
中央は、おもに通常の1本毛

 

ネイプヘアは使えるか

ネイプヘアとは首筋 うなじ の髪です。毛周期は短くそのため、長さが短く、太さも細い傾向にありますが、通常の後頭部の髪と変りなくAGAの影響も受けず継続的に毛周期を繰り返します。つまり、植毛に問題ない毛です。それどころか、その短く、細いという性質を考えると、生え際の植毛や眉毛の植毛には、多くのアドバンテージを持っているとさえ言えます。 採取は、通常のFUEやロボットではかなり難しく、i-SAFEだからこそ可能と考えられる方法なのです(もちろんストリップテクニックでは現実的ではない)。

実際、生え際の自然さを謳うクリニックでも、結局は1本毛を使う程度ですが、自然さなら、ネイプヘアのような産毛に近い毛を使うことです。
ちなみに当院の眉毛の移植では、ネイプヘアを選択的に取りたいため、原則アンシェーブンで行っていますので直後もあまり目立ちません。

 

nape and periauricular (NPA) hair