アーカイブ

意外と存在する十代のAGA

あまり、意識していないせいか、十代でのAGAは無いように思われているのですが、大人になって受診される方の15%がすでに15歳前後で薄毛の発症を感じており、さらにわずかですが、十代前でも発症があるとの統計があります。
(この若年性のAGAとは別に、出生時に母胎の男性ホルモンの影響でAGAパターンをもつベビーがいます、出生後一年ほどで改善しますが、やはり、男性ホルモンの感受性が強い傾向にあり、その多くは将来AGAになるようです。)
AGAの内科的治療の主流は現在、男性ホルモンの作用を一部抑制するタイプの治療であるため、このような十代の生殖器のみならず体幹の成長期には使用できません。これに対して、脱毛を抑制するのではなく、成長を促進することで、薄毛を改善する代替法があります。その一つはミノキシジルです。さらに直接的に作用して副作用の少ない成長因子があります。また、そこまではと考えられてきた植毛も、侵襲の少ない方法が確立してきたため選択肢になりえます。

成長因子の効果的な使い方

成長因子を使用しての治療におけるポイントは3点ほどあります。
どうやって作り、どの程度の頻度で、どの様にして適用するかです。
まず第一点はその作成法です。理想的には、目的となる成長因子を、E.Coli等へ遺伝子組み込みにより遺伝子工学的に精製することです。しかし最近使用されているものの多くは幹細胞などの培養液から抽出したもので、目的する成長因子が少ないだけでなく、目的としない、望まないものまで含まれていている可能性があります。効果だけでなく、安全性の面でも遺伝子工学的に作成されてものを必要に応じて混合しての使用が望ましいと思います。
第二点は、常に一定以上の組織内濃度が必要なので、頻回に適応することが必要です、毎日でも。しかし多くの治療法では2週間に1度とかになっており、これでは仮に良い成長因子であっても、効果は出にくいはずです。しかし、この頻回適用には、まず自宅で行えることが必要で、これは第三点目のポイントである適応法が関係します。
つまり、もちろん、成長因子は高分子タンパク質なので、内服してはアミノ酸に分解され、塗っただけでは、十分には吸収されないため、通常は注射やマイクロニードルスタンプの使用を考えるのですが、さすがにこれを毎日行うわけにもいかず、仮に毎日可能であったとしても、その皮膚への損傷が、ストレスになりかえって脱毛を起こしかねないのです。そこで、出てきたのはエレクトロポレーションです、これは電気で細胞膜に穴を開けて、塗布した薬剤の浸透を促進させ、さらには細胞内へも浸透させようという考えの方法です。その細胞膜の穴は電気を切れば数分後には元に戻りとても侵襲の少ないものであるため、自宅での使用が可能です。

薄毛治療の方向性

治療で大切なことは、効果の高さだけでなく、いかに副作用や合併症を少なくするかなのです。しかし、現在における薬は、男性型脱毛症AGAにおいてはある程度の結果を出してはいますが、やはり副作用の問題は置き去りのままです。副作用を考える必要のない手術でも材料となる自毛の数には限界があります。

脱毛の抑制
毛髪生育の活発化なら成長因子の投与で可能となってきましたが、脱毛の抑制となるとちょっと厄介です。
毛包にアポトーシスを起こさせ、休止期へと導くものの代表的メッセンジャーは成長因子TGFーβ1ですが、これは主として男性型脱毛症AGAで見られるものです。これに対して慢性休止期脱毛症CTEや円形脱毛AAなどでは、神経ペプチドのサブスタンスPがメッセンジャーとなっているのかもしれません。これらのことが事実なら、脱毛症の対策は、これらのメッセンジャーが受容体に結合しないようにすれば良いことになります。拮抗薬などでブロックできれば、病的に休止期に移行することを避けられると言うことです。ただし、副作用等を考えると毛包の受容体を選択的にブロックしたいところですが、残念ながらこれが現時点では十分に出来ていません。(AGAにおいてはフィナステリドがTGFーβ1が生成されにくくすることで、抑制が可能ではあるのですが、男性ホルモンの作用まで抑制してしまう)

毛包器官の再生医療
毛包器官の元となる細胞を抽出して培養し、それを移植(注入)し、脱毛に強い毛髪を作り出すというものです。問題点は2点、一つは、新たに再生した毛髪も脱毛しないわけではない。元となる細胞の抽出を選択的に行っても脱毛原因はいくつもある。もう一点は、再生毛が乱生してしまうのではないかということです。こちらは、おかしな方向のものは、抜いて植え替えることもできます。

 

成長因子はどうやって作る

また成長因子話題ですが。

ヒト皮膚幹細胞培養液やヒト繊維芽細胞培養液には様々な成長因子や酵素、SOD、コラーゲンやケラチン等の細胞外マトリックス成分が豊富に含まれており、これより、より目的に合うように精製していきます。

しかし純粋にヒト成長因子(FGF-7、VEGFなど)を作ろうとすれば、大腸菌をもちい遺伝子工学的に作らせることになりますが、成長ホルモンやエリスロポイエチン同様、比較的高価です。

この二つの方法って、光脱毛での、レーザー方式とフラッシュライト方式に似てますね。フラッシュライト方式では、様々な波長の光から目的に合った光をフィルタリングすることが大切ですが、培養液からつくる成長因子でも同じことがいえます。

08-5_4

挿絵はhttp://www.anti-ageing.co.jp/より

PRP(多血小板血漿注入療法(Platelet Rich Plasma))もまた、血小板が放出する様々な成長因子GFを利用した方法といえます。PRPはワンショットで使用するものであり、継続的使用が出来ないため創傷治癒や移植片の生着などの急性期には有効であるかもしれません。ただ、成長因子を選べてないところが気にはなりますね。

AAPEもヒト脂肪細胞由来幹細胞を培養して得られる種々の成長因子を含むタンパク質。(これを使ってるのがHARGです、多種の成長因子が含まれることを売りの一つにしていますが、それは望まない効果の成長因子を含むかもしれず、また逆に望むものの量が少ないとも言える、またこれを月に1~2回局所注射して謳ってる効果が出るとは考えにくいです。)

フィブラストスプレー  主成分トラフェルミンは遺伝子組み換えで作成されるヒトbFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)製剤、創傷(火傷、褥瘡等)治癒促進の目的で使用されています。さすがに遺伝子工学的に作られている医薬品ですので高価です。費用対効果はどうでしょうか。

なぜグロースファクター成長因子

長年、手術と薬の併用治療を推薦して参りましたが、その理由は、薬だけでは、一時的に良いようでも、満足いく状態を維持できない、かといって、手術にも限界はあるとのことからです。単独療法に比べたら満足度の高いものです。しかし、この薬が問題です、長期連用することになるのですが、なかなか効果を維持できないだけでなく、副作用の問題が浮かび上がってくるということです。それはあまり問題にならないものが大半ですが、少なからず存在しています。そして、中にはイリバーシブルなことも

私は、主としてアンチエージング(抗老化)、あるいは男女の更年期障害治療、ボディービルなどの目的で、ホルモン補充療法を行っていたことがあります。この時使用するホルモンのうちでも、成長ホルモンは、使用していると、確かに髪の毛の質量増加があります(つまり、抜けずに太くなる)。これは、直接的にはメッセンジャーである種々の成長因子GFが関与していることは間違いないことです。このホルモン補充療法は、糖尿病インスリンの注射のようにご自身でほぼ毎日注射が必要なこと、費用がとても掛かること、さらには、副作用を含めた投与量の管理が大変であるため(また、ドーピングにも引っ掛かります)、薄毛治療の目的のためには現実的ではないでしょう。
バイオ技術が進歩して、比較的容易に成長因子GFを精製できるようになりました。注射ではなく低侵襲で毎日でも出来る方法も確立されてきましたため、だからこそ、従来の薬に代わるものとしていま成長因子グロースファクターなのです。すなわち、手術とグロースファクタ-(時として従来の薬)の併用療法こそが、現在最も効果的で安全性の高い薄毛治療といえます

cycle