日本美容外科学会

日本美容外科学会(JSAS)とはhair_arrange

日本美容外科学科(Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery)とは、昭和52年1月に発足された日本整形形成外科研究会が母体となっており、美容外科の研究や科学的知識、技術、更なる発展と国民の福祉に貢献する目的tで作られた、国際美容外科学会の認める日本で唯一の美容外科学会である。

会員は、日本医師免許を所有し、会員の推薦を受けた優秀な医師により構成されている。

現在は、先代梅澤文雄氏が理事を務めている。

事業内容

◆学会、調査研究、講演会開催

美容外科医療に関する、基礎的な調査等を全国規模で行い、分析、考察、結論結果などを会員に広報する。また、日本美容外科学会を開催する。

◆専門医制度に関わる事業

専門医認定試験の開催、専門医研修の状況を調査など

◆広報事業

学会の直面する問題への見解等を資料を作成し、公表する。そして美容外科の社会へ周知など。ホームページの充実。

◆学会誌、図書等の発行事業

定期的に会報を発行、学会新聞やその他の図書の刊行。

◆医療制度の研究調査発表

美容外科医療の医療制度の調査、厚生労働省行政の診療科別政策管理に関わる事業に協力、医療機関ホームページについてのガイドライン、インフォームドコンセント・ガイドラインを会員に徹底、運営をはかる。

再生医療に関する取り組みの強化、国民、患者、学会員の福祉の充実に寄与など。

◆関連学術団体との協力

日本の先進医療医師会の事業、日本学術会議、日本医学会、などの事業に協力。

等、様々な活動をしている。

 

日本臨床皮膚科医会

皮膚科を専門とした臨床医が集まり、医療技術適正評価、生涯学習を実現するために1984年に設立された医会である。現在が4,600名の会員が在籍している。全国各地で学会を開いたり、講習会などで皮膚疾患で悩む患者さんなどへ最適な医療、治療を提供できるよう活動している。現在、高齢者人口も増加しており、皮膚病の疾患者も増えている状況にある。よりより医療環境と医療制度を基盤にするための団体である。また、地域医療充実のため、在宅医療、学校保健、教育現場の活動など皮膚科医の情報の強雨湯、公開講座にも積極的に取り組みを行っている。

現在の会長は、若林皮膚科医院の若林正治氏が務めている。

皮膚の日とは

monshin_woman_doctorまた、1989年11月12日を『皮膚の日』と定めた。毎年この日を皮膚疾患について正しい知識の普及、理解を深めるために市民公開講座や無料相談、皮膚がんの無料検診などを開催して、啓発活動を行っている。

具体的には足裏ホクロ無料相談や皮膚病無料相談、電話での皮膚病の相談なども行っている。

 

事業内容

・皮膚科医療の正しい知識の教育や研究などに関する事業

・定期的に会誌の発行

・臨床学術大会や市民公開講座、集会の開催

・皮膚の日の様々な活動

・関連学会との協力や情報交換

・その他の必要な事業

日本抗加齢医学会

densya_silverseat2001年に日本抗加齢研究会が設立された。設立時には、超少子高齢化社会と老人医療費が増大しており、国民保険制度がある福祉政策に

日本抗加齢医学会は、医師、医生物研究者らが集まって設立されているが、その目的は加齢や老化の進む中で、老化して病的プロセスを予防する抗加齢医学を積極的な基礎医学的や臨床医学的を追究して、生活者の生活の質を向上することとされている。

その先にあるものは、老人医療費増加度を抑制し、人口年齢の延長、労働力を確保するという目的を持っている。抗加齢医学の正確なデータを集積し、正しい情報、事実、科学根拠に基づいて確率を目指している。

抗加齢医学とは

・健康な寿命を延命するための予防の医学

抗加齢医学に重要なのは、長い寿命の質が重要だといわれている。高齢者の生活の質を上げるためには、バランスの悪い病的な老化を早くから予防して健康に寿命を延ばすためにあると言われている。

・生活習慣の改善から捉える

・生活者の自らの生活活動の向上

医学的な治療、予防をすることによって、生活者自ら生活習慣を改善しようと自ら活動的になる場合があり、積極的な行動変異が発生する医学となるとも言える。

事業内容

毎年、日本抗加齢医学会総会の開催をしている

全国各地での抗加齢医学の知識t、理解を広めるための活動

移植孔

自毛植毛に関する専門用語のこと。自毛植毛とは、自分の毛根を採取し別の場所に埋め込み生着させ毛髪をそこから発毛させることを言うが移植した毛根を移植する際に埋め込む孔のことをいう。

移植孔は、元々ある孔ではなく人工的に極小の孔を開けて作られる。人間の毛髪の生え方は複雑であり、人によって全く異なるものとなるので、医師がまず移植孔のデザインをする。自然な毛髪の流れを作りあげるには経験と技術ある医師の存在が必要不可欠である。また、移植孔と移植孔の間隔も移植したグラフトの生着率に多いに関わってくる。

移植孔を形成する際には、グラフトの形や植毛した後のデザインを考えて極小の孔を開けている。植毛の際は、移植孔にグラフトを埋め込むが生え際が目立つ部分には小さ目の移植孔に小さ目のグラフトを使用する。また、目立ちにくい部分には大き目の移植孔に大きめのグラフトを埋め込みボリュームを出せるよう工夫している。

スリットホールとホールの違いmedical_fukukuukyou_syujutsu

移植孔には種類があり、スリットホールかホームかに分かれる。スリットホールとは、丸い孔ではなく一線のようなデザイン。これは移植した後に孔が目立ちづらいというメリットがある。

現在の植毛はホールよりもスリットで行われる方法が多いようだが、スリットで余計な隙間を作らずに高密度にしようとすると畑のような状態になってしまう。スリットの移植孔の際には熟練の技術と経験が必要だ。

ホールとは、丸い孔のことである。ホールにするメリットは、移植したグラフトに丁度よく収まるため少ない出血で済む。また、高密度での移植が可能になる点である。逆にデメリットはというと、スリットと比較すると皮膚のダメージが大きくなることが言われている。高密度に移植できるとは言えど高密度にしすぎると点であるものが傷として治ってしまう可能性もある。また、既存の毛がある場所にホールを作成することは難易度が高くなり、手間がかかる。

 

 

 

PRP(Platelet-Rich Plasma)

PRP(=Platele-Rich Plasma)は、関節炎、アキレス腱鞘炎などの治療などで近年注目を浴びている治療法である。「慢性」化してしまった患部を「急性」の状態にし、自己治癒力を高め効果を上げる治療法で、切開しない方法としてこの手術法が評価を得ている。

日本では美容整形の分野で多く利用されているが、アメリカではプロスポーツ選手へのけがの治療として遣われている。2014年にはニューヨークヤンキースの田中選手の肘の怪我の治療してPRP療法を行い知名度が上がった。

仕組みmedical_yobou_chuusya (1)

PRPとは、血小板を濃縮したものである。その中には細胞が成長しやすいよう栄養素が豊富に含まれている。治療に関して言えば、腕から採血してその遠心分離機にかけてPRP組織を抽出する。同時に針の先で患部に小さい穴をいくつか開けて新しく怪我を故意的に起こす。それにより患部にふたたび炎症を起こさせるのだ。細胞の修復には炎症は一番最初の工程であり、不可欠な過程である。栄養を豊富に含んだPRPを注入することにより治癒力を加速することができ、傷ついた幹部を再生させる。

PRP療法はリハビリなどで行っても効果のなかった慢性アキレス腱炎、足底腱膜炎などの治療法としてもみとめられている。

また、植毛時にこの治療を使用すると既存毛が濃くなるといも言われている。

国際毛髪外科学会

国際毛髪外科学会とは

teacher_english_woman国際毛髪外科学会(SHRS: International Society of Hair Restoration Surgery)とは、世界各国の60か国の1000人以上の毛髪専門医が在籍する非営利医療団体である。設立されてから22年の歴史を持つ世界最大の自毛植毛専門の学術団体である。

毛髪外科の専門医が植毛についての情報を提供や、一般の方へも育毛対策、内的また非外的治療に関する最新情報などを届けている非営利的組織の学術団体である。世界の薄毛の悩みを持つ方などに最高の治療の結果を届けることを使命としている。そのために、世界の植毛技術レベルを向上、日頃から常に活動をしている。2015年には、23名の会員がFellowの資格を承認され現在は世界中で84名以上の有資格者がいる。

また、2014年10月第22回国際毛髪外科学会の会員総会にて紀尾井町クリニックの柳生院長が国際毛髪外科副会長に選出された。

事業内容

◆学術集会、会員総会の開催

年に一度開催されている。

◆ライブ手術

世界各地で年4~5回ライブ手術が行われている。

◆オンラインでの情報公開

学会ホームページの更新や、オンラインで植毛専門医の紹介や体験談、ビデオ公開、など情報を公開している

日本皮膚外科学会

日本皮膚外科学会とは

character_hakase1986年に元々「皮膚科外科勉強会」というものが発足し、現在の日本皮膚外科学会となっている。「皮膚腫瘍、母斑、瘢痕その他皮膚科の知識をもって治療にあたるべき疾患に関する臨床力の向上」を目的に創立された。

現在は、特定非営利活動法人の認証を得て存続している。

特徴

皮膚科専門の医師の中でも積極的に手術治療を行っている、または行おうとしている人が集まり皮膚の外科治療についての意見を出し、情報を共有することで勉強をしている。

また、学会運営や学会誌発行はボランティアで行っている。

皮膚外科治療を真剣に考えているが、全国規模だがサークルのようなものである。

書籍

皮膚外科の教科書、日本皮膚外科学会監修「皮膚外科学」という日本で初となる皮膚外科の教科書が発売されている。皮膚外科についての基礎と実践の70項目が記されている。

事業内容

◆日本皮膚外科学会総会・学術集会などの開催等(毎年1回、全国開催)

・第32回日本皮膚外科学会総会・学術集会 会期:平成29年(2017) 7月22日(土)~23日(日)

・第31回日本皮膚外科学会総会・学術集会  会期:平成28年(2016) 9月10日(土)~11日(日)

・第30回日本皮膚外科学会総会・学術集会 会期:平成27年(2015)10月10(土)~11日(日)

・・・

日本皮膚科学会

日本皮膚科学会とは

明治33年の12月に東京帝國大学教授の土井慶蔵博士がcharacter_hakase提唱したことで創立された学会のこと。

翌34年4月の第一総会が開催される。この学術総会は現在でも毎年行われている。また、この学会から「日本皮膚科学会雑誌」という雑誌が1901年から創刊されている。

理事長は山梨大学の島田眞路である。

事業内容

◆「日本皮膚科学会雑誌」の雑誌を年13回発行

全会員に配布している会員誌。通年およそ2千ページになる会員誌の中には、原著論文や学会抄録、会報等が掲載されている。

◆「The Journal of Dermatology 」の雑誌を年12回発行。

年間1万円の購読料で購読会員に配布しているもの。国内や国外の原著論文を掲載している。世界の14か国から約40人ほどの研究者たちの協力によるもの。世界37か国340か所で購読されている。

◆「皮膚科専門医」の資格認定、資格更新

皮膚科専門医を養成するため、また生涯にわたって教育研修のために設けている制度のこと。認定されるには、学会がする研修施設で臨床研修を5年以上行うことと、必要用件を満たしている会員へ試験を行う。

この資格は取得後5年毎で更新されるが、その間には研究発表や自己研修、学会への出席などで専門医制度の基準単位を習得しなければならない。

◆講習会や色々な学会の開催

年に9回、研修講習会や生涯教育シンポジウムを開催している。専門医を目指している会員や更新するための会員が参加している。

◆「総会」の開催

年1回、世界の会員が参加し、3日間の日程多彩なプログラムを開催する総会を開催している。

◆「学術大会」を毎年開催

毎年1,2回学術講演や研究発表などの学術大会を開催している。

 

等、様々な活動をしている。

ランダムレイヤー

毛髪をカットする際に、レイヤー(段)をランダムにカットをすることをいう。
2016年は、ランダムレイヤーを入れた髪形が流行しているためショートカットもロングヘアにも使われている。

スタイリングの際にはワックスなどでふわっと持ち上げることで無造作なヘアースタイルを作ることができる。

lily2-2

「レイヤー」というのは「段」「層」等の意味合いで、毛束をパネル状に引き出した際に長さに段階のつくカットで、その範疇は実は広く、真横に縦に板状に引き出すとしてカットラインは垂直~斜め(上が短い)がもっぱら言われるレイヤーラインになる。落としたときには毛先の重なりがずれ段状になり「段カット」といわれている。

カーリースウェル

2014年に流行した女性の髪形の名称。
カーリー(くるくる)でスウェル(うねりのある)スタイルのこと。

コテなどを使用し毛髪を巻き、うねりのある髪形にすることをいう。全体的にボリュームのあるのが特徴。
2016年は、そのカーリースウェルに更に「脱力感」「透明感」をプラスしたスタイルが注目されている。

広がりすぎるシルエットはNG。
ボリューム感はあるけどシルエットはシャープでまとまりのあるのが◎

サイドにボリュームが出ちゃう人も、ひし形スタイリングを意識して毛先はまとめるとよい。

スタイリングの際には毛髪に艶の出るシアバターやオイルタイプの物を使用すると良い。

「透け感」も忘れてはいけない2016年のヘアトレンド。

簡単に透け感を手に入れるならやっぱり「アッシュ系カラー」がおすすめ。

髪を軽く見せて、カーリースウェルなスタイルを簡単に今年っぽくアップデート出来る。