ハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》

ハイブリッド自毛植毛

i-SAFE&FUSSの植毛

メスを使用しない(切らない)方法とメスを使用する自毛植毛FUSSを併用することで、
グラフト(移植毛)の採取の時間を効率よく短縮し、
一度の手術で4,000グラフト以上の移植を可能にすることができるのも、
このハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》の大きな特徴でもあります。

このメスを使用しない(切らない)方法とメスを使用するFUSSを同時に併用し移植する方法は、
各々2,000グラフトの採取であれば、FUSSでの後頭部のドナーを切除・縫合した
傷跡のテンションを低く抑えることができ、ある程度は気にならない傷跡にでき、
採取も効率よく手術時間も短縮できます。この二つの手法を組み合わせることで、
移植毛の数や時間的な恩恵が得られるというわけです。後頭部のグラフトを採取した傷跡も、
ご自分の髪の毛でカバーできるのでほとんど目立つことはありません。

i-SAFEとは

スタンダードi-SAFE&アンシェーブンi-SAFE

それともう一つの特徴は、刈り上げるスタンダードi-SAFEによる自毛でカバーリング
(隠すことができる)範囲の刈り上げと、
それらを超える範囲を刈り上げない自毛植毛アンシェーブンi-SAFEで
合理的に効率良く施術できるのも、
このハイブリッド自毛植毛i-SAFEならではの特徴でもあります。

当院のハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》は、
スタンダードi-SAFEの刈り上げる方法とこの刈り上げないアンシェーブンによる
採取方法を組み合わせることで、後頭部を広範囲に刈り上げなくとも
自分の髪でカバーリング出来る範囲だけを刈り上げて採取、
それらを超える範囲を刈り上げずに採取していく方法を組み合わせ、
合理的かつ効率よく採取することで広範囲を刈り上げずに合理的かつ効率よく
4,000グラフト以上の採取・移植するメガセッションも実現することができます。

できるのも当院のハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》の大きな特徴でもあります。
一度の手術で4,000グラフト以上のメガセッションを実現させることができるのも
『ハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》』の他にない大きな特徴でもあるのです。

アンシェーブンとは
お問い合わせ・ご相談はこちら
植毛・自毛植毛はアスク井上クリニック
フリーダイアル 0120232318
  • 無料カウンセリング
  • 資料請求