究極の自毛植毛 アンシェーブンi-SAFE

ほんの10年前は、自毛植毛といえば、切ったり、または大きなパンチでくり抜いたりそして縫ったりと、あまりスマートとはいえない、侵襲も大きく、ちょっと大変な手術が普通で、私も10年以上その方法でやっていました。それに対してFUEに分類される方法は、シンプルで侵襲も少なく、患者さんにとってずいぶん楽な手術であり、様々なアイデアの元、さらに洗練されて、現在では世界的にも主流となりつつあります。

しかしFUEでの患者さんにとっての新たな問題は、採取部分を大きく刈り上げる必要があることです。隠すためのアイデアはいくつかありますが、求められることは、刈らないままで採取をしてということです。そして、これこそ、究極の自毛植毛として、グローバルスタンダードになるべきものと考えています。そして、当院でも患者さんの特別申し出がない場合は、アンシェーブンで行けるようになれたらと計画しています。

Ashampoo_Snap_2015.02.21_10h10m53s_0012_Ashampoo_Snap_2015.02.21_10h10m53s_0022_

投稿者プロフィール

井上 浩一
井上 浩一アスク井上クリニック 院長
経歴
1988年 熊本大学医学部卒業
熊本大学医学部付属病院 勤務
1989年 某大手美容整形外科クリニック 本院勤務
1998年 都内美容外科クリニック 院長就任
2002年 米国での自毛植毛研修を経て、植毛クリニック開院
2006年 某大手植毛クリニック 院長就任
2014年 アスク井上クリニック 開院