アスク井上クリニック|最新の自毛植毛(移植)進化したFUE「i-SAFE」の紹介

アスク井上クリニック

i-SAFEの特徴

浅い刃入れでも、生着に必要なすべての要素を持ったグラフトが容易に採取が可能。

以前よりDr.井上が考案・開発を行ってきた自毛移植法QHRダイレクト、iダイレクト(大手植毛クリニック)を一歩進めたものがi-SAFEです。
単にパンチの径を小さくしたなどというものではありません。小さすぎるパンチでは、生着に必要となる組織部分を取り残してしまいます。従って採取に使用するパンチ径は患者様や毛の太さにより多少の違いがありますが、ほぼ直径0.85 ~ 0.65mmまでのものでカバーできます。すなわち小さければ良い訳ではなく、採取グラフト毎の適正な径があるということです。(とは言え、当院の最小パンチは直径0.50mmという驚くべき細さを使用可能にしています)
さらに重要な部分は陰圧の利用部分やパンチの素材やその形状の改善などがあります。

i-SAFEで用いる機械の特徴

  • 1回転している時だけ吸引圧(陰圧)がかかる。
  • 2高速で回転してカーボンコーティングの硬い非常に良く切れる刃を持っている。
  • 3径が細くても連続使用において吸引組織の詰まりが少ないパンチの形状を持つ。

この新しい自毛植毛(移植)技術i-SAFEの特徴が切断率低下にどう奏功するのかを、
なぜ一般のFUEが難しく、切断率が高くなるのかとを比較してみます。

  • ①表皮に刃が入るときに起こる圧力で表面にゆがみを生じ、それに伴って毛根の角度も変化して、毛幹の角度で刃を入れても、内部で角度が違っているため切断を起こしてしまう。

    image01
  • ②陰圧により、表皮に吸い付くように切れていくため、くぼみを生じにくいため、角度の変化も起こりにくく、したがって、切断も起こりにくい。

    image02
  • ③毛根の毛球側は、複数毛包の場合先に行くにしたがい開いているため、刃の挿入が深くなればなるだけ切断率が高くなる。さらに、刃を奥へ挿入していくとその内部での抵抗により毛根全体も奥にやや押しつぶれた状態となり、毛根はゆがみ切断率を上げてしまう。かといって浅すぎると、生着に必要なバルジ*を取り残してしまうため深く入れざるをえない。
    *バルジは毛を作る工場のシステムの要にあたる構造で毛根の中程にある

    image03
  • ④吸い上げられ、毛球側はすぼめられ、チューブ内部へ引き延ばされたような状態のため、浅い刃入れでも、必要部分はすべて含み、しかも、毛球側の切断を起こしにくい。

    image04

まずは無料カウンセリングにお越しください。最適な治療法のご説明とご提案をいたします。[お問い合わせ] 0120-2323-18 10:00~19:00 土日・祝日も診療

  • 役立つ資料請求
  • 無料カウンセリング予約
  • 電話予約 0120-2323-18 10:00~19:00 土日・祝日も診療
to top